KATSUYOレシピ

母のぬか漬け

連載21


私はね、家庭料理のプロフェッショナル!ですから、ぬかみそなんて、チョチョイのチョイとつくれます。

みんな私のぬか漬けをとてもおいしいと言いますが、「いやいやこんなもんじゃない、母のぬか漬けはこんなもんじゃなかった」とこの年(もういいトシ!)になっても、まだそう思うのです。

母親というのはたいてい美化されて、その証拠に、今や料理のプロになり、なんでもつくれる息子が、やはり「母・カツ代の唐揚げと、ラザニアにはかなわない」などと、言ってることでも分かります。

彼の作った唐揚げもラザニアも、私となんら変わることなく、おいしいのに、やっぱりそう言うので、これは母親としての特権かもしれませぬ。

子どもというのは、いつまでもヤッパ、母ニハ、カナワナイナ、と思っていたいのかもしれませぬ。

他人にはどちらがつくったものもおいしくても、子どもだけに分かる微妙な違いがあるのかもしれませぬ。

そう、母のぬか漬けも、きっとそうなんだとは思います。

撮影:添田明也 スタイリング:チームKATSUYO

しかし、なんであんなにおいしかったのか、いや、ぬか漬けだけではないのです。

白菜漬けも、天ぷらも、すき焼きも、焼き肉も、八宝菜も、白みそ雑煮も、あれもこれも、どうしてあんなにおいしかったのか……ウルウル。

ま、考えようによっては、母がおいしく料理をつくってくれたからこそ、こんなふうに料理を人に教え、教えられた人がまたおいしくつくってくれて、それを食べた人が喜んでくれて……と、考えると、私の母を見たこともない人にまで、私はおいしい料理を教えることができるのです。

おいしくつくることがこんなに、いついつまでもつながっていくことに、こうして書いていてはじめて気がつきました。

ぬか床を教えた生徒の何人もが「はじめはしょっぱくてと思っていたのが、だんだんおいしーくなって、うちの食べたら、他のは食べられないねって、家族が言ってくれるんです」とか、「うちの名物になりました」とか。

そう、こういう嬉しいことをいったい何人、何十人の人から聞いてることか……。

ね? あなたがおいしく料理をつくることで、末代まで影響するんですよ。

どんな料理でもいいんです。母が亡くなってもう20年以上もたつのに、こうして嬉しくぬか漬けの話ができるんですもの。

小林カツ代
出典:NHK きょうの料理 2005年6月号

ぬかみそ漬け
その日の気候や湿度により、漬かり具合が違うのがいい。いいタイミングで食べよう!!


バックナンバー


2018/08/07

もっと見る


マイレシピ一覧
KATSUYOレシピTOP

ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
コンテンツ提供元 対応機種
お問合わせ


編集:取材協力
(株)小林カツ代キッチンスタジオ

制作・構成協力
(株)本田明子キッチンオフィス

(c)Net Dreamers