KATSUYOレシピ

塩ぶりかま
和風 665Kcal 6.2g


粗塩をふり、一晩は寒風にさらすのが本来のベスト



材料(作りやすい分量)



ぶりかま:2かま(500g)
粗塩):小さじ2

大根おろし:適量
あさつき:適量
柑橘:適量

※1カップ = 200ml
  米の1カップ = 1合(180ml)
※大さじ1 = 15ml 小さじ1 = 5ml
※カロリー= 1人当たり



作り方



1. ぶりかまは買ってきたら、水けをふいて分量の塩を全体に均一に振る。




2. バットなどにさらしか、ペーパータオルをひいて、ぶりかまを並べる。このまま冷蔵庫の一番寒いところにおいて、一晩〜二晩おく。


3. 魚焼きロースターか、魚焼き用網で両面こんがり焼く。
※焼く30分前には室温に出しておく。

それぞれ、持っている道具が違うので、自分の道具を見極めて、焼きます。火加減は強すぎず、弱すぎずが目安です。


4. 焼き上がったら、キッチンばさみで切り分けやすいところで、パチンと2つに切り分ける。
大根おろしとブツ切りにした葱をそえて、魚を盛り付けます。

見た感じは、切らずに大きいひとかまを盛り付けると、迫力が出るけれど、量的にかなり多めなので1つを2人で分けるくらいが、一人分として、ちょうどよいです。




料理メモ



♪焼き魚を焼くときは、猫などに気を付けつつも、焼く30分前には、室温に出しておくと、美味しく焼けます。

魚はある程度の火の強さで焼くと、魚の旨味をギュッと閉じ込めることが出来て、身も柔らかに、そしてジューシーに焼くことが出来ます。

だから、冷蔵庫からの出し立ては、中に火が通る前に外側が焦げてしまいがち。美味しく焼くためにも、少し前に室温に出しておきます。
マイレシピ登録


同じ食材で作れるオススメレシピ


お好み&シーン別レシピ一覧



マイレシピ一覧
KATSUYOレシピTOP

ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
コンテンツ提供元 対応機種
お問合わせ


編集:取材協力
(株)小林カツ代キッチンスタジオ

制作・構成協力
(株)本田明子キッチンオフィス

(c)Net Dreamers