KATSUYOレシピ

のらぼう菜のお浸し
副菜 15分 31Kcal 0.8g


のらぼうは江戸時代から伝わる関東の青菜です。



材料(4人分)



のらぼう菜:1/2わ(200g)

だし汁(濃いめ):1カップ
薄口しょうゆ:大さじ1

白いりごま:適量

※1カップ = 200ml
  米の1カップ = 1合(180ml)
※大さじ1 = 15ml 小さじ1 = 5ml
※カロリー= 1人当たり



作り方



1. のらぼう菜は塩を加えたたっぷりの熱湯で程よくゆで、ザルに広げて冷ます。

冷めたら、根元の方のかたいところを1〜2p切り落とし、3〜4p長さに切る。軸の太いところがあれば縦2つに切る。


2. ボウルか鉢にだし汁と薄口しょうゆを合わせ、のらぼう菜を浸す。


3. 汁ごと器に盛り付け、いりごまを振る。




料理メモ



♪だしに浸してからは、すぐに食べても美味しいけど、しばらくおいて味を含ませるとまた絶品。

♪いりごまは指でひねりながら振ると風味がいい。

♪のらぼう菜は甘みがあって、くせのない春の青菜で、ビタミンAやビタミンCの他、食物繊維や鉄分も豊富に含まれています。その栄養価の高さで、江戸時代には大飢饉から人々を救った伝説の野菜とされてきました。

♪他には天ぷら、味噌汁の具、炒め物など何でもござれの青菜です。

マイレシピ登録


同じ食材で作れるオススメレシピ


お好み&シーン別レシピ一覧



マイレシピ一覧
KATSUYOレシピTOP

ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
コンテンツ提供元 対応機種
お問合わせ


編集:取材協力
(株)小林カツ代キッチンスタジオ

制作・構成協力
(株)本田明子キッチンオフィス

(c)Net Dreamers