KATSUYOレシピ

ぶりの酒粕汁
和風 155Kcal 3.7g


西日本地区の日本の故郷の味です。



材料(4人分)



ぶりあら:250g
:小さじ2

こんにゃく:1/2丁
大根:200g
人参:50g
長葱(白い部分):1/2本

出し汁:4カップ
酒粕:30〜50g
白味噌:大さじ1前後

長葱(青い部分):適量
七味唐辛子:適量

※1カップ = 200ml
  米の1カップ = 1合(180ml)
※大さじ1 = 15ml 小さじ1 = 5ml
※カロリー= 1人当たり



作り方



1. =下準備=
バットにさらしかペーパータオルを敷く。そこにぶりのあらを並べ、塩を裏表に均一にふり、そのまま蓋をせずに冷蔵庫で1〜3晩寒干し状態にして、塩ぶりを作る。


2. =食べる当日=
こんにゃくは棒状に食べよく切る。大根と人参は、薄い半月切りにする。
長葱の白い部分は1p幅の斜め切りに、青い部分は薬味用に縦2つに切って、斜め細切りにして水でザブリと洗って、水けをきる。


3. 塩ぶりは食べよく切る。たっぷりめの湯を沸かし、フツフツしてきたら、こんにゃくとぶりを入れて、さっと茹でる。魚の表面の色が変わったら、網じゃくしで引き上げる。


4. 鍋に出し汁、大根、人参を入れて火にかける。フツフツしてきたら、Bのぶりと大根を入れる。火を弱め、大根がやわらかくなるまで5〜10分煮る。


5. 葱の白い部分を入れ、酒粕を溶かし入れる。味をみてから白味噌を加え混ぜる。


6. 器に盛り付け、葱の青い部分を散らす。好みで七味唐辛子をふる。




料理メモ



♪ぶりの時の粕汁の時は、味噌はあれば甘い白味噌が合います。

♪こんにゃくは、白、黒、好きな味のほうを使えばよい。

♪酒粕は酒蔵によって、いろいろな味が楽しめます。今回はやわらかいタイプの酒粕を使いました。板粕の場合は最初に出し汁カップ1程に浸して、やわらかくしておいてから使う。
マイレシピ登録


同じ食材で作れるオススメレシピ


お好み&シーン別レシピ一覧



マイレシピ一覧
KATSUYOレシピTOP

ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
コンテンツ提供元 対応機種
お問合わせ


編集:取材協力
(株)小林カツ代キッチンスタジオ

制作・構成協力
(株)本田明子キッチンオフィス

(c)Net Dreamers