KATSUYOレシピ

鯛そぼろのちらし寿司
和風 60分 669Kcal 3.0g


白身魚のそぼろに、キラキラひかるいくら。黄金色に輝く玉子がまぶしい



材料(2人分)



:1.5合(270ml)
昆布:5cm
=合わせ=
 米酢:60ml(大さじ4)
 :小さじ1/2
 砂糖:大さじ1

おさかなそぼろ:適量

【玉子そぼろ
  :2個
  :小さじ2
  みりん:大さじ2
  :少々

いくら(味つき):50g

茹で絹さや:4枚

※1カップ = 200ml
  米の1カップ = 1合(180ml)
※大さじ1 = 15ml 小さじ1 = 5ml
※カロリー= 1人当たり



作り方



1. 【おさかなそぼろ】をつくる。
鯛そぼろは骨に気をつけ、あらかじめ作っておく。






2. 【玉子そぼろ】の材料を小鍋に入れて、中火にかける。すぐに菜箸4本位持って、くるくるくるりと炒り始める。



3. 最初は退屈なくらい変化が少ないけれど、30秒から1分位すると、一気に周りから固まり始める。
そこからはせっせと炒り、ほぼ、火が通ったら火を止める。安心せず余熱時間も炒る。



4. サッと塩茹でした絹さやは斜めに細切りにする。





5. 米はいつも通りか、やや少なめの水加減にして、昆布を入れて炊く。


6. 炊きあがったら、飯台か木製の入れものに入れ、合わせたすし酢を混ぜ、すし飯を作り、冷ます。



7. 冷めた寿司めしを器に盛りつけ、そぼろ、いくらをもりつけ、絹さやを散らす。





料理メモ



大人だけの場合は、いくらはビンなどに入れ、日本酒、醤油を加えて、ひと晩冷蔵で待つ。翌日ふっくらしているはず。
マイレシピ登録


同じ食材で作れるオススメレシピ


お好み&シーン別レシピ一覧



マイレシピ一覧
KATSUYOレシピTOP

ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
コンテンツ提供元 対応機種
お問合わせ


編集:取材協力
(株)小林カツ代キッチンスタジオ

制作・構成協力
(株)本田明子キッチンオフィス

(c)Net Dreamers