KATSUYOレシピ

キャベツパイ
洋風 60分 181Kcal 0.5g


キャベツがドッサリの自慢のパイ。幸せな味がします。



材料(8人分)



冷凍パイシート(10cm×20cm):4枚
キャベツ:1/2個(550g)

バター:大さじ3
溶き卵:1個分

:6個
:小さじ1/2
こしょう:少々

※1カップ = 200ml
  米の1カップ = 1合(180ml)
※大さじ1 = 15ml 小さじ1 = 5ml
※カロリー= 1人当たり



作り方



1. 下準備
・冷凍パイシートは自然解凍しておく。
・キャベツは細切りにする。


2. 台を作る
パイシートは2枚の長い辺を1pほど重ねて溶き卵でつなぎ、めん棒でパイ皿よりひとまわり大きくのばす。

これをパイ皿に敷き、縁を丁寧に指で押さえながら落ち着かせ、はみ出た部分はキッチンばさみなどで切り落とす。

切り落とした生地は適当な大きさに切り、パイの縁に溶き卵ではりつける。


3. パイ生地の底にフォークで数か所穴をあけ、重しをのせて230℃のオーブンで3〜4分、200℃に下げて3〜4分焼く。

焼けたら重石を取り、すぐバター大さじ1を全体に散らす。


4. 具を作る
卵6個を溶きほぐす。

大きめのフライパンを熱してバター大さじ2を溶かし、すぐにキャベツを入れ、塩、こしょうを振って炒める。

強火で水気が出ない様にシャキッと炒め、全体に油がまわったら卵を加え、強火のまま大きく混ぜてフワリと半熟状に火を通す。


5. BのパイにCの具を詰め、平らにならす。

残りのパイシート2枚もAと同様にしてくっつけ、パイ皿よりひとまわり大きくのばす。焼いたパイの縁に溶き卵をぬり、のばしたパイシートをかぶせてしっかりくっつけ、はみ出したパイ生地は切り落として適当な大きさに切り、溶き卵で縁にくっつける。


6. 焼く
表面全体に溶き卵をぬり、230℃のオーブンで5〜7分、200℃に下げて15〜20分、美味しそうな焼き色がつくまで焼く。


7. あら熱がとれたら、8等分くらいに切り分ける。

冷めたら、アルミホイルで包み、オーブントースターで7〜8分くらい焼いて温めます。最後はアルミホイルをひらいて、焼とサクッと焼き立て感がよみがえります。




料理メモ



♪卵とキャベツだけのシンプルパイ。焼き上がった瞬間は、思わずにんまり嬉しくなります。パーティー料理にもおすすめです。

♪パイ台を焼く時の重しはパイ専用重石(タルトストーン)を使いますが、なければ、パイにアルミホイルやクッキングシートを敷き込んで、小豆などの豆で代用するのが一般的です。写真のパイはひとまわり小さいタルト型と小さなタルト型で重石の代用をして焼き上げました。均等に重さがかかって、パイが膨らむのを押さえられる耐熱グッズなら何とかなります。

マイレシピ登録


同じ食材で作れるオススメレシピ


お好み&シーン別レシピ一覧



マイレシピ一覧
KATSUYOレシピTOP

ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
コンテンツ提供元 対応機種
お問合わせ


編集:取材協力
(株)小林カツ代キッチンスタジオ

制作・構成協力
(株)本田明子キッチンオフィス

(c)Net Dreamers