KATSUYOレシピ

かぶと鶏の治部煮
和風 20分 230Kcal 1.4g


金沢独特の調理法です。すこし寒いなと感じられる日に・・・召し上がれ



材料(4人分)



かぶ:4個(400g)
鶏もも肉:1枚
小麦粉:大さじ3
煮汁
おろし生姜:少々
出し汁or水:2カップ
醤油:大さじ2
みりん:大さじ3

※1カップ = 200ml
  米の1カップ = 1合(180ml)
※大さじ1 = 15ml 小さじ1 = 5ml
※カロリー= 1人当たり



作り方



1. かぶの葉は熱湯に塩を入れて、ほどよい固さに茹で、粗熱が取れたら、3〜4cmの長さに切り、器に盛り付けておく。

かぶは皮をむいてタテ4等分にする。


2. 鶏肉は一口大のそぎ切りにして小麦粉をまんべんなくまぶす。


3. 鍋に煮汁の材料とかぶを入れて中火にかける。フツフツしてきたら弱火で3分煮る。


4. 鶏肉をギュッと握り、粉を落ち着かせながら次々入れる。弱めの中火で8〜10分くらい煮る。


5. かぶに竹串がスーッと通るようになったら、汁ごと器に盛りつける。




料理メモ



♪鶏肉を入れ始めたらあまりいじらずにそっと火を入れていきます。

♪鶏肉はもも肉でも、胸肉でも美味しくできます。カロリーはもも肉の方が高めです。胸肉は口当たりがいいように薄いそぎ切りにします。

♪石川県・金沢市の郷土料理です。煮汁がフツフツと煮立ったところに肉を入れて「じぶじぶ」と煮ます。肉に小麦粉をまぶし粉を落ち着かせながら鍋に入れるのがポイントです。

♪“治部煮”これは“じぶに”と読みます。濃い目の出しつゆに、小麦粉をまぶした鶏肉や鴨肉と季節の野菜を煮る料理で、金沢では治部煮(じぶに)専用の塗りの椀に盛り付けるほどポピュラーなものでです。

♪小麦粉をまぶした肉を、煮るので煮汁全体にもとろみがつきます。小麦粉でなくて、蕎麦粉をまぶすこともあるようです。

♪じぶ煮という、名前の由来には、人の名前だったり、煮ているときに、ジブジブと音がするからなど・・・いくつかの説があるようですが、ほんとのことは、不明です。

マイレシピ登録


同じ食材で作れるオススメレシピ


お好み&シーン別レシピ一覧



マイレシピ一覧
KATSUYOレシピTOP

ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
コンテンツ提供元 対応機種
お問合わせ


編集:取材協力
(株)小林カツ代キッチンスタジオ

制作・構成協力
(株)本田明子キッチンオフィス

(c)Net Dreamers