KATSUYOレシピ


収穫

2018/7/9(月)

きのうは野菜の勉強会(八百屋塾といいます)でした。

いまで盛りの玉蜀黍(トウモロコシ・トウキビ)ですが、一番適切な収穫時間があるそうです。

美味しさにこだわる農家さんは、光合成の活動がとまり、糖が実に移動した夜中の2〜3時に収穫するそうです。きのう、試食でいただきましたがおいしい!

又、青森の野辺地(のへじ)の小蕪(こかぶ)が繊細で素晴らしい味でした。この農家さんは蕪が一番ベストな収穫時間、夜中の零時から始まり、終わったころおかみさんたちが、箱詰め作業にはいるそうです。

食べ物はほんとうに粗末にできません。
命を頂いている、まさに!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★火を使わない料理、必要な方はどうぞ作ってみて下さい。清潔なボウルがなければ、ビニール袋で、玉ねぎを薄切りする包丁がなければ、玉ねぎはなくても作れます。サラミはハムでもよく、食用手袋をして、ハムをちぎって作ってください。豆とサラミのサラダ



KSホンダ

コメントを書く

※ご投稿いただきましたコメントは、利用規約やサイトポリシーにより、一部編集させていただく場合がございますので予めご了承ください。


バックナンバー


38.5 KSホンダ
2018/7/17(火) 0

暑さ乗り切り対策 KSこいち
2018/7/16(月) 0

夏と味噌汁 KSホンダ
2018/7/15(日) 0

豆とミートソース キッチンスタジオ
2018/7/14(土) 0

ピラフ キッチンスタジオ
2018/7/13(金) 1

もっと見る

マイレシピ一覧
KATSUYOレシピTOP

ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
コンテンツ提供元 対応機種
お問合わせ


編集:取材協力
(株)小林カツ代キッチンスタジオ

制作・構成協力
(株)本田明子キッチンオフィス

(c)Net Dreamers