KATSUYOレシピ


土佐雑煮

2018/2/18(日)

先日幻の野菜といわれていた潮江菜はいま、着々と幻の伝統野菜から現実の野菜へとチームが土佐で組まれておりますが、まだまだ高嶺の花。伊勢丹百貨店で700〜800円で販売されているそうです。

私も大奮発して、直接土佐伝統野菜チームから分けていただきました。土佐出身の作家、宮尾登美子さんの『つむぎの糸』というエッセイに出てくる土佐雑煮。原作になるべく忠実に作ってみました。

ひとつ残念なのは本にも書いてありましたが、出汁がハゼの蒸し焼きしたものが手に入らないこと。あごが近いのかなあと、思いつつそこだけ、いつもの鰹と昆布で出汁をとり、後はエッセイ通り。

宮尾先生は潮江菜(うしおえな)のことを、潮江蕪(うしおえかぶ)と書いてありましたが、当時土佐の方々はこう呼んでいたそうです。

この葉っぱ、ほんとうに美味しい葉物で何度食べても感心します。是非食べてほしい葉なので、早く全国的に広がるといいなと思うのです。

前にも書きましたが、潮江菜は水菜の原形といわれている葉っぱ。日本生まれの在来種です。今年の年末のお正月のお雑煮として、登場する予定です。潮江菜のかわりに水菜でも作ることが出来ます。


KSホンダ

コメントを書く

※ご投稿いただきましたコメントは、利用規約やサイトポリシーにより、一部編集させていただく場合がございますので予めご了承ください。


バックナンバー


土佐雑煮 KSホンダ
2018/2/18(日) 0

羽生選手&宇野選手 KSホンダ
2018/2/17(土) 0

涙がでそう KSタカシ
2018/2/16(金) 0

八朔 KSホンダ
2018/2/15(木) 0

きょうのなおちゃん KSノギ
2018/2/14(水) 3

もっと見る

マイレシピ一覧
KATSUYOレシピTOP

ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
コンテンツ提供元 対応機種
お問合わせ


編集:取材協力
(株)小林カツ代キッチンスタジオ

制作・構成協力
(株)本田明子キッチンオフィス

(c)Net Dreamers