KATSUYOレシピ


缶詰

2018/7/20(金)

被災地にボランティアにいってる知り合いや、昨年うかがった広島の人たちのために少しでも役に立てばと、調理道具をできるだけ使わないような調理法や、缶詰を使った料理を書いてみました。

フェイスブックでも発信を時折していますが、、これが以外に被災とは関係ない人たちにヒットしていまして、もっとやって〜と、リクエストが多いのです。思えば、この暑いさなか、ご飯を朝昼晩つくっているお父さん、お母さんのために役に立ったようです。

炊飯器とおろし金があれば作れます。

=ツナ缶とにんじんの炊き込みピラフ=

米・・・・2合(360ml)
ツナ缶詰・・・・小1缶(70g)
人参・・・・6〜7cm(100g)
酒・・・・大さじ1
塩・・・・・小さじ1
胡椒・・・・少々

●米はやや少なめに水加減する。(炊飯器の内釜にすし飯の水加減の目盛りがあれば、その位が丁度いい)

●ツナは缶の中でザッとほぐす。ほぐれているツナはそのまま使えます。

●人参はすりおろす。皮ごとでかまわない。

●炊飯器に米に酒、塩、こしょうを加えて混ぜ、ツナを缶汁ごと入れて、人参も加え、表面を平らにして普通に炊く。

●炊き上がったら底の方から全体を混ぜる。器に盛り付け、あれば好みのハーブやパセリをちぎってのせる。

人参の甘さがご飯一杯にひろがって美味しい!

KSホンダ

コメントを書く

※ご投稿いただきましたコメントは、利用規約やサイトポリシーにより、一部編集させていただく場合がございますので予めご了承ください。


バックナンバー


缶詰 KSホンダ
2018/7/20(金) 0

暑さ乗り切り対策 第二弾! KSこいち
2018/7/19(木) 0

赤紫蘇 KSホンダ
2018/7/18(水) 0

38.5 KSホンダ
2018/7/17(火) 0

暑さ乗り切り対策 KSこいち
2018/7/16(月) 0

もっと見る

マイレシピ一覧
KATSUYOレシピTOP

ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
コンテンツ提供元 対応機種
お問合わせ


編集:取材協力
(株)小林カツ代キッチンスタジオ

制作・構成協力
(株)本田明子キッチンオフィス

(c)Net Dreamers