KATSUYOレシピ

鏡餅の蜜柑


鏡餅の上になぜみかんをのせるの?

お正月と言えば、鏡餅。地方や習わしによって飾りつけは色々ですが、基本的な飾りの1つに鏡餅の上にみかんをのせます。

その鏡餅の上に、なぜ「みかん」をのせるのかご存じですか?

鏡餅の上にのせるみかん=橙(だいだい)と言い、木から落ちずに大きく実が育つことにあやかって、代々家が大きく栄えるようにと願った縁起物です。

そのため、子孫が代々(=橙=だいだい)栄えるように子孫繁栄を願う意味があります。

みかんの色が”だいだい(橙)色”という語呂合わせの意味もあるそうです。

では、鏡ではないのに、なぜ鏡餅というのでしょう。不思議に思いますね。

これは丸いお餅の形が、昔の銅鏡(昔の鏡は、青銅製で丸い形をしてました)に似ていることから、鏡餅と言われるようになったそうです。

さらに、”鏡”は「鑑みる(かんがみる)」という意味もあったとされ、良い手本や規範に照らして考えるという意味の言葉にあやかり、「かんがみもち」とよぶ音がしだいに変化して鏡餅になったのだとも言われています。

鏡には神様が宿ると言い伝えられています。神様と一緒に年の初めを祝うために、鏡に似た餅を飾り、美味しいお雑煮でも食べながら新しい年を迎えましょう。





バックナンバー


2018/06/16

2018/06/16

2015/10/22

2015/09/22

2015/09/08

もっと見る


マイレシピ一覧
KATSUYOレシピTOP

ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
コンテンツ提供元 対応機種
お問合わせ


編集:取材協力
(株)小林カツ代キッチンスタジオ

制作・構成協力
(株)本田明子キッチンオフィス

(c)Net Dreamers