KATSUYOレシピ

秋の夜長 晩秋の夕食

もうそこまで、冬が来ています。日に日に寒さは増し、日が落ちるのも早く、時間は気ぜわしく過ぎていきます。

そんな時だからこそ、その日一日働いた自分にそして大切な人のために、温かな美味しい一品を作ってみませんか?

コンロでコトコト煮るだけでいいものや、ささっと作れるものなど、その日の状況に合わせて、選んで作ってみてくださいな。

おかずは一品手作りがあるだけで、食卓はきっと豊かな気持ちになるものですよ。当たり前の時間かもしれませんが、穏やかで美味しい夕飯はとっても大切な時間です。

10分か15分あれば出来るおかず

気ぜわしい日には、短い時間で美味しく出来る自慢のおかずを自分の十八番にしておくと、慌てないですむんですよね。ご飯だけたいて、余裕の時間がまた嬉しいのですよね、秋は・・・



鶏の山椒焼きと焼きねぎ
葱が柔らかく甘い季節になりましたよ。鶏肉と一緒に焼くから美味しい

切り身魚の麦味噌焼き
麦味噌のいいところを、思い切り引き出す料理です。この味噌でいっぱいもいい。

東京の肉じゃが
東京組の肉じゃがは豚肉なんです。葱と白滝をたっぷりとね。

ただ煮るだけのおかず

時間はあるんだけれど、台所に立つ元気のないときは、コンロに半分手伝ってもらいましょ。あとは火を見守りつつ、音楽でもききながらゆったりとね。



白いおでん
おでんの三大具をギュギュッと詰め込んで、美味しいお出しのきいたつゆで優しく煮含める

なまけものシチュー
大きくカットした具材を詰め込んで、コトコト煮るだけでできちゃうんです

煮込み鶏
鶏肉を甘辛味にクツクツ煮込むだけできあがる。

余裕があれば、小さなおかずを作ろう

心に余裕のあるときは、時間のすぎゆく経過も楽しめるから不思議です。副菜を作ってお気に入りの器に盛り付けて、メインのおかずに添えてみる。食前酒に熱燗もいいですね。



里芋とわけぎのぬた
ピッと辛子をきかせた合わせた味噌がなんとも粋な肴になる

しらすの出し巻き玉子
ふうわり焼けた卵にシラスをたっぷり焼く。大根おろしも添えると吉

春菊のかんきつ和え
秋ならではの食用菊を使った、美しい一品。紫のもってのほかでもいいし、黄色い菊でもよいですねえ。

季節のご飯を炊きたい時は・・・

日本の新米がすべてそろったのではないかしら。秋色のご飯にはこの時期出る食材を炊き込むだけで、食卓がオータム色に染まります



田舎風きのこめし
醤油ベースの炊き込みご飯は香りがたまりません。食べ過ぎ注意ナンバーワンご飯

さつま芋ご飯
秋も深まれば、やはりこの食材が女王でしょう。おかずが揚げ物のときにことによく合います

甘栗入り根菜おこわ
電気釜でも、きっちり米と水をはかれば美味しいおこわが炊けるんですよ




特集バックナンバー












特集一覧へのリンク

特集レシピ全紹介


マイレシピ一覧
KATSUYOレシピTOP

ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
コンテンツ提供元 対応機種
お問合わせ


編集:取材協力
(株)小林カツ代キッチンスタジオ

制作・構成協力
(株)本田明子キッチンオフィス

(c)Net Dreamers