KATSUYOレシピ


あさり七変化
春が来たんだなぁ。と、ぽけーっとしてしまいそうな陽気の日が増えてきましたね。新生活の準備や花粉やらで、体調を崩しがちな季節です。旬の美味しい食材を毎日の食事に取り入れて、1日1日、疲れをリセットしましょう。
小松菜とあさりのジンジャーパスタ
江戸出身の小松菜は、あさりと仲良し。生姜を谷中とすればこれはもう、東京名物料理かも

その一.『あさりでご飯』
あさりの旬は春と秋。身が肉厚で旨味もしっかり。美味しい時期は栄養も豊富です。  
ごぼうとあさりの混ぜご飯
ごぼうとあさりは相性良しのコンビです。
 
あさり茶漬け
疲れたなー。と思ったらコレ!

その二.『あさりでパスタ』
あさりを買ってきたらすぐにヒタヒタの海水くらいの塩水(水1カップに塩小さじ1)に浸けて、砂を吐かせます。暗い所におくか、新聞などのせておくと、新鮮なあさりほど少し情がわいてしまうくらい元気に活動しますよ。  
あさりとトマトの塩味パスタ
あさりの旨味を生かし、太陽の味トマトを加えた熱々パスタ。
 
キャベツとあさりのパスタ
春におすすめしたいひと皿です。

その三.『あさりのスープ』
あさりの旨味成分は水に溶けやすいので、汁ものやスープにする場合は、水から加熱すると旨味や栄養分たっぷりのスープがとれます。  
かぶのカレースープ
かぶとうずら卵がコロリ。あさりだしのカレースープ。
 
クラムチャウダー
ハフハフと熱々を召し上がれ

その四.『あさりを蒸す』
あさりレシピと言えば浮かぶ、いちばんシンプルでポピュラーなメニューが酒蒸し。酒とあさりの旨味たっぷりの汁も一緒に。  
あさりの酒蒸し
貝のうまみと味わいを堪能するためにも、火の通しすぎに注意。
 
豆苗のあさり蒸し
あさりの酒蒸しにシャキシャキ豆苗をプラス

その五.『あさりと春野菜』
旬どうしの組み合わせは何でも正解。鉄分が豊富なあさり。鉄分の不足は疲れやイライラの原因になります。ビタミンCを含む食材と一緒に食べると、効率良く体に機能します。  
絹さやとあさりの上新粉揚げ
サクサクっと、柔らかな食感の衣デス。上新粉がなければ、小麦粉だけでもOK。
 
あさりとかぶの煮物
じんわり味のしみ込んだかぶは、口当たりとともに、実に優しい味わいです

その六.『あさりのおつまみ』
肝機能を高めるタウリンが豊富なあさり。血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす効果もあるので、酒の肴食材に是非加えて。  
あさりのにんにく醤油漬け
スタミナ系保存食。3粒でご飯1杯!
 
貝のオイスターソース炒め
季節の貝類でお試しを!

その七.『あさりでおかず』
あさり事態はボリュームの面でみると、大家族や食べ盛りさんには物足りず、おかずにはなりにくいかもしれませんが、おかずに旨味を効かせるには十分なパワーをもっています。魚介や肉、卵との相性も抜群!  
蒸しあさりキャベツ
トリプルで相性のよい、素晴らしき食材ですね
 
あさりといかのブイヤベース風
海の幸いっぱいの一皿おかずスープです。


特集バックナンバー












特集一覧へのリンク

特集レシピ全紹介


マイレシピ一覧
KATSUYOレシピTOP

ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
コンテンツ提供元 対応機種
お問合わせ


編集:取材協力
(株)小林カツ代キッチンスタジオ

制作・構成協力
(株)本田明子キッチンオフィス

(c)Net Dreamers