KATSUYOレシピ


大根・蕪・青菜の
あったかレシピ
今年も残すところ後・・・なんて言い始めたくなる時期ですね。
暖房器具の活躍が増えてきましたが、台所は、ゆっくり気長に火を通すコトコト煮込み暖房であったか。おかずも出来て一石二鳥。これが一番!

大根と豚バラのコトコト煮物
体の芯から温まる。大根も豚肉もホロッと柔らか。汁ごとたべてね。
大根のあったかおかず
大根はおでんや煮物にする場合に下ゆでをします。このひと手間、やはりかけた方がいい。あらかじめ下ゆですると調味料が大根にスッと入り、かえって早く煮える場合が多く、味もピカッと垢抜けます。
ラムと大根のあったか炒め
魔法の香りをラム肉に移してから、味をつけるから絶品になるんです。

いかと大根の煮物
大根にいかの旨みがじんわりしみこんでうまい!

大根と蓮根のピリ辛炒め
根菜のスピード料理。歯ごたえを残すように炒めましょう。
大根の皮でもう一品!
他の野菜では代用出来ない、大根の皮ならではの食感を楽しんでみて下さい。
大根皮のきんぴら
わざわざ、作りたくなる食感と味なんです
蕪のあったかおかず
蕪の旬は春と秋冬。今、出回っている秋冬の蕪は甘みが強く、密度があって味が濃い!一年で一番美味しい時期です。蕪は買ってきたら、出来るだけ早く食べきるのがベスト。すぐに食べない場合は、少しでも鮮度を保つため、実と葉を切り分けて保存を。
かぶの味噌あん
つやつやのみそあんをトロリとかけて。

かぶと鶏手羽先の煮物
皮ごと、ちいさいかぶなら丸っと煮ちゃいます。

たらのトマトシチュー
ボルシチを思わせるカブの風味が、たらの旨味と見事に調和。
かぶの葉、どうする?
アクが少なく柔らかな近頃のかぶの葉、栄養価の高い緑黄色野菜のひとつとして余すことなく頂きましょう。
かぶ葉の和サラダ
かぶの葉は、りっぱな葉野菜です。捨ててしまう事なかれ〜っ。
青菜のあったかおかず
秋冬の野菜といえば青菜という印象がありますが、主には、ほうれん草、小松菜、春菊、青梗菜あたりが食卓への登場回数が多いかと。寒さにあたった青菜は甘みがあって栄養価も高いので、冬の健康維持に欠かせない野菜です。
とりと小松菜の治部煮
口あたりなめらかな鶏肉と青菜がよく合う。

ほうれん草の缶グラタン
いざという時の缶詰めも、なかなか隅におけぬ一品に変身です

春菊の水餃子
鍋ごと食卓にのせて、たべてもいいし、自分でゆでつつ食べてもいいね。
青菜で常備菜
しらすや納豆と合わせたり、ちょっと野菜が足りない時にもあれば重宝!小松菜やかぶの葉が作りやすく食感よく仕上がります。
ちょこっと青菜
あり合わせの青菜で、小さなおかずの出来上がり。副菜でも、副々菜でも!


特集バックナンバー












特集一覧へのリンク

特集レシピ全紹介


マイレシピ一覧
KATSUYOレシピTOP

ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
コンテンツ提供元 対応機種
お問合わせ


編集:取材協力
(株)小林カツ代キッチンスタジオ

制作・構成協力
(株)本田明子キッチンオフィス

(c)Net Dreamers