KATSUYOレシピ

十五夜レシピ

2016年の中秋の名月は9月15日になります。
旧歴8月15日の月を“十五夜”と呼び「中秋の名月」ともいい、1年の中で最も美しい月と言われています。秋の収穫で穀物を実らせてくれた月に宿る神様へ感謝を捧げ、お団子や里芋を供えましょう。

日々多忙な毎日に追われているかたも多いと思いますが、ふと澄んだ秋空に昇る美しい月を愛でながら、一息ついてみてはいかがでしょうか?

古典的にお月見支度
収穫の感謝として米で作ったお月見だんごを供え、すすきや秋の七草を飾ります。お団子は、お供えが終わったら焼いておやつに召し上がれ。あなただけのお月見を楽しんでください。

お月見団子
中秋の名月にはお団子を15個重ねてお供えします。

きぬかつぎ
芋の収穫期に当たるため、中秋の名月の別名は「芋名月」なのです。

枝豆
枝豆を供えるのも、キマリです。

まんまるおかず
お団子を準備する時間がない!という方は、月に見立てたおかずはいかが?食卓を窓辺に移動して月を眺めながら召しあがれ♪

イタリアのシンプルなミートボール
思いたったらすぐ出来る!おつまみにもおすすめ。

れんこん肉団子
シャキシャキしたレンコンも、すりおろせばまた違う味わいが楽しめます。

山芋と肉団子の甘酢あん
元気の出るおかずですよ!

甘党さんにはこちら!
お月見団子では物足りない!そんな方には、長芋や米粉など秋の恵みをスイーツにしてたっぷり召しあがれ♪

しんじょだんご
長いもで、溶いて団子にして食べる。熱々でも、つめたくても。

あんだんご
話題の米粉を使ったおやつ

満月サブレ
満月の日作るといいことあるよ♪

食卓でもお月見を♪
月の見えない天気のときには…仕方ない。食卓で月見を楽しむのも日本人ならでは食文化。こんな月・あんな月それぞれの十五夜料理をご紹介♪

ニラ粥
小さいお月様がお椀に浮かびます♪

ロコモコ
ハワイのお月見って何を供えるのでしょうね〜?

月見バーグ
目玉焼き付きハンバーグは何と1950年代にこんな形で婦人雑誌に掲載されたのが始まり!


特集バックナンバー












特集一覧へのリンク

特集レシピ全紹介


マイレシピ一覧
KATSUYOレシピTOP

ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
コンテンツ提供元 対応機種
お問合わせ


編集:取材協力
(株)小林カツ代キッチンスタジオ

制作・構成協力
(株)本田明子キッチンオフィス

(c)Net Dreamers