KATSUYOレシピ


『キレイでね、お母さん』
母の日になにを作りますか?お母さんや、義理のお母さん、はたまた子供たちと妻への感謝ご飯もあることでしょう。
人それぞれの母の日ですが、たいていの女性に気をつかいたいのは、ずっとキレイでいたいという思い。それは、老若かかわらず同じです。
5月は真夏以上の強さ“肌”の大敵“紫外線”。ちょっとのお出かけでも油断大敵!このころの肌のダメージにとても良い、食事づくりのプレゼントはいかがでしょう。
食事も大事ですが、プラス紫外線対策のお出かけ用のつばのある帽子のプレゼントもいいですね。食事はできたら1週間続けてあげてほしいなぁ・・・


いちごサイダー
外出から帰宅して、すぐに出すのはまずはこれはいかがかな。

トラブルの少ない美肌のために
シミやそばかすの原因となるメラニンの生成や沈着の予防には“ビタミンC”を摂取しましょう。すでにお肌にできてしまったシミの改善や、日焼けによる肌の炎症も抑えてくれるので、普段美肌を目指している女性には欠かせない成分です。

【ビタミンCを多く含む食材】
じゃが芋、れんこん、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、レモン、キウイフルーツ、いちごなど

野菜畑のスープ
手羽先と野菜の旨味がスープに溶け込んで美味。

セロリのザクザクサラダ
セロリ、キャベツ、クルミがザックザク!

じゃが芋水団のトマトスープ
じゃが芋の入った洋風すいとんです。ホカホカに身体があたたまる。

紫外線から体や肌を守る
抗酸化作用をもつ天然の色素成分“カロテノイド”を摂取して体の酸化を防ぎ、紫外線にも負けない体へ。アンチエイジングにも効果のある成分として注目されている“アスタキサンチン”もカロテノイドの一種。日々の食事に取入れて、活性酸素を増やさないメニューをどうぞ。
活性酸素は加齢と共に増加し、老化や肌トラブルなどを引き起こす要因とも言われています。
“調理のポイント”
カロテノイドは水にほとんど溶けない脂溶性なので、オリーブオイルなどの油を使った調理法で体への吸収率をアップさせましょう。

【カロテノイドを多く含む食材】
≪リコピン≫ トマト、にんじん、すいかなど
≪β-カロテン≫ にんじん、かぼちゃ、ほうれん草、チンゲン菜、クレソン、しそ、モロヘイヤなど
≪アスタキサンチン≫ 鮭、カニ、エビなど

すぐ作れるブイヤベース
サフランの香りが異国を誘う

チキンに重ねて煮るだけ
栄養たっぷりモロヘイヤと焼いたチキンの組み合わせ。作り方は至極簡単!

クレソンと卵のサラダ
独特の爽快感がくせになる。

皮膚の血行を促進して
細胞の老化を防ぐメニュ
“ビタミンB2”と“ビタミンE”で肌の新陳代謝を活発にして、肌荒れや目の下のクマを防止しましょう。“ビタミンE”には傷ついた細胞を回復させる効果もあります。これも是非作ってみて下さい。

【おすすめ食材】
≪ビタミンE≫ アボカド、さつまいも、レタス、パプリカ、うなぎ、かぼちゃ、アーモンド、ピーナッツなど
≪ビタミンB2≫ 牛乳、納豆、レバー、サバ、たこ、しめじ、胚芽精米、卵、のりなど

アボカドとサーモンのエッグサラダ
ホコホコ芋サラダに贅沢にアボカドと卵とサーモンをたっぷり。
 
葱レバー炒め
どんぶりご飯の上にドカンとのせるとスタミナ丼にもなる。
 
オイルサーディンのナッツグリル
サクサク、プチプチのアーモンドがうまい。ご飯にもパンにも美味しい小さいおかずです。


特集バックナンバー












特集一覧へのリンク

特集レシピ全紹介


マイレシピ一覧
KATSUYOレシピTOP

ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
コンテンツ提供元 対応機種
お問合わせ


編集:取材協力
(株)小林カツ代キッチンスタジオ

制作・構成協力
(株)本田明子キッチンオフィス

(c)Net Dreamers