KATSUYOレシピ


春から初夏に美味しい豆

えんどう豆の翡翠煮
少しひんやり冷やして、汁ごとしゃぼっと召し上がれ♪
淡くあざやかな緑の豆たちが店先に並ぶ季節です。この美味しさは今だけのお楽しみ。筋を取るのがめんどう…とか薄皮を剥くのが大変…。なんて、一瞬あたまをよぎるかもしれません。そんな思いをえーい!と吹き飛ばし、この時期だけしか味わえない美味しさ、食べ逃しのないように♪

えんどう豆 その1
『絹さや』

えんどうの若いサヤを食べるサヤエンドウ。絹さやはその中でも小ぶりで一番ポピュラーな品種です。ビタミンCが豊富で、その量はいちごに肩を並べるほど。風味や栄養が落ちるので、茹で過ぎたり水に長くさらさないようにしましょう。

絹さやの洋風きんぴら
細切りの絹さやは繊細な歯ごたえが楽しめます。

麩と絹さやの卵とじ
麸と卵と絹さや。色どりもとてもきれいでしょ。汁ごとスプーンで召し上がれ。

絹さやのジンジャーサラダ
色鮮やかに茹でた緑の絹さやと、オレンジ色の人参が食欲をそそります。

絹さやの青々炒め
絹さやの出盛りどきに、おすすめしたい一品です。

えんどう豆 その2
『スナップえんどう』

さやえんどうと実えんどう(グリンピースなど)の美味しいところを一気に楽しめるスナップえんどう。グリンピースの改良品種で、アメリカ出身のそこそこ新顔野菜です。絹さやと同様にヘタと筋を取り、栄養と美味しさを逃がさない様に短時間でシャキッと火を通しましょう。豆の甘さとサヤのパリッとした食感を存分に楽しめます。

スナップえんどうのフリッター
サクッパリッ、スナックのようなフリッター

スナップエンドウの味噌炒め
スナップえんどうは割って炒めるが美味し!

スナップえんどうのパスタ
春の先取りにはこのメニューで!ほら、お豆さんが可愛いのです

スナップえんどうの回鍋肉
コクのあるこの味は、めっぽう白いご飯によく合います。

えんどう豆 その3
『グリンピース』

  冷凍ものは一年中安く手に入りますが、生のグリンピースは全く別物!風味が濃厚で食感が良く、旬にだけ味わえる美味しさです。野菜には珍しくタンパク質や糖質が豊富で、ビタミン類やミネラルもバランス良く含んでいます。特に食物繊維は野菜の中でもトップクラス。可愛い豆に栄養がたっぷりギュッと詰まって、春の体調をととのえてくれます。

グリンピースの田舎スープ
昭和に流行った、懐かしい贅沢な素朴が詰まったスープです。

グリンピースのつぶし煮
ちょっと甘いおかずが少しあると、嬉しいものです。箸休めやお弁当に。

竹の子と青豆の炊き込みご飯
二種類の炊き込みご飯が合体!春にはこんな幸せご飯を楽しみたいものです。

春の三色かき揚げ
春のトリオをあげてみませんか?塩をパラリと振って、福。
ちょこっと、えんどう豆のお話
えんどう豆ってまるで、魚でいうところの出世魚の様。
まず緑黄色野菜とよばれる頃…
新芽とツルは豆苗としてムシャムシャ。
次に若いサヤをシャキシャキ食べるサヤエンドウ。同じく若いサヤと未熟の豆を一緒にパリッと食べるスナップえんどうやサトウサヤエンドウ。
そして、次の配属先は豆類に…
完熟前のやわらかい実をサヤから出して食べるグリンピースやうすいまめ。実えんどうとも呼ばれています。
最後は、完熟させた乾燥豆。和菓子に欠かせない赤えんどうや青えんどうとなります。
大まかにはこんなところですが、それぞれの時代で多くの品種が栽培されています。ちょこっとだけ、えんどう豆のお話でした。

空に向かって伸びるサヤ
『そら豆』

サヤが空に向かって伸びる姿から、その名もそら豆。未熟な豆を食べるいんげん豆の一種です。サヤから出すとかたくなっていくので、使う直前にサヤから出すのがベストです。

空豆粥
春を封じ込めた特別なお粥さん

空豆トースト
空豆前線、まっただ中!えびと空豆の相性のすばらしさよ

帆立とそら豆のあんかけ炒飯
菜の花のような、ご飯に翡翠あん。見た目も綺麗、食べても美味しい。

空豆のチャウダー
旬の幸せを召し上がれ〜♪春の味がするでしょう?


特集バックナンバー












特集一覧へのリンク

特集レシピ全紹介


マイレシピ一覧
KATSUYOレシピTOP

ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
コンテンツ提供元 対応機種
お問合わせ


編集:取材協力
(株)小林カツ代キッチンスタジオ

制作・構成協力
(株)本田明子キッチンオフィス

(c)Net Dreamers