KATSUYOレシピ


カツ代展示会
3月12日、1つ更新しました。やっぱりこれです。ただいま表参道ではカツ代展を開催しております。小林カツ代と関わりのあった各界から友人知人からお言葉を頂きました。明日、また、更新していきます。お楽しみに。

肉じゃが
ファッションザデザイナーのジュンコさんより…『カツ代さんの肉じゃがは美味しいですよね。じゃが芋、玉葱、牛肉と材料もシンプルですぐに作ることができます』


◆<20分で晩ごはん>という番組の第一回目の主菜がコレ!
料理雑誌老舗のKTさん…『今から思えば無謀ともいえる企画でした。この他に2品。ほんとうに作れるのか、家に帰って何度も試作して、息子2人に食べさせたものです。美味しい美味しいと言われて、嬉しかったことを思い出します。』
重ね豚肉ロールと春野菜ポトフ
ひと鍋で2つのおかずを作る方法をご紹介

◆簡単で美味しいの原点ここにあり
管理栄養士Tさん…『鍋の中央に鮭缶、ザク切り白菜たっぷり。10分煮るだけ。食べる時にめいめい、醤油でたべるだけ。35年間なんどもなんども食べ続けている味』
鮭缶鍋
なにも無い時の、シンプルなごちそうです!これは食べないとおいしさが分からない。

◆ネーミングの面白さで、ずっーと記憶に残る。
編集者Gさん…『半端に残っているワンタン皮や肉ダネで、ササッと作れて大助かり。子育てに、忙しい時期にはもちろん、汁物が欠かせない年よりの食事作りにも思い出して良く作りました。』
わが道を行くワンタン
具はポトリポトリ皮はヒラリヒラリ…。それでいいのです!


◆理屈じゃない!刷り込まれた情報は違った!
編集者Nさん…『葉から茹でるということにびっくりした。しかし、確かな美味しさをおしえてくれた一品』
ほうれん草のおひたし
ふだんの当たり前をもう一度みつめなおしましょう!!

◆何度作っても間違いなく美味しい!
主婦の味方の婦人誌Cさん…『時短でローストビーフ!?しかもフライパンで!当時担当だった私には衝撃でした。そして、この通り作ってみたら、上手に出来たのです。わかりやすいレシピでカンタンで、間違いなく作れるのが魅力です。』
フライパンローストビーフ
ちょっとご馳走気分に、フライパンで作るローストビーフ

◆大変な時、のりきったおかず!
栄養関係の雑誌元編集長Kさん…『毎日零時近くまで仕事をしていた頃、このレシピと言葉にどんな助けられたことでしょう。心も体も温まります。』
ロールキャベツみたい!
次々鍋に入れて、ボコボコ材料を入れてガーっと煮るだけ。

◆月に1度は登場する!
元大和書房編集長Y氏…『絶対一晩、寝かせる。バターがないとつくらない。この2つは必須なのです!!』
簡単本格ハヤシライス
なんだか、矛盾した料理名でしょ。その名のとおり、味は本格風、作り方はわずか10分。

◆ふふふふ、なんて美味しいんでしょう!
料理番組プロデューサーMさんより…『葱醬油、これがおいしさのヒミツ。最後に入れる、タラリが究極に美味しいパラパラチャーハンなのです』
庶民のえびチャーハン
桜えびの香ばしさと葱醤油の風味が美味しさの決め手。

◆血合い部分をスパッ!骨抜きの手間なし!
料理番組デレクターさんKさんより…『子育て中、手がかかる時期、三枚おろしにしたさばをスパッと真ん中から切って、骨抜きの手間がなくなる』と言った言葉が、悶々としていた気分が、スカッと解決
さばの竜田揚げ
子供も喜ぶ魚のおかず。大根おろしもよくあう。

◆揚げてるときに、空気に触れさせる。カリッとする
料理雑誌編集長Sさんより…『新人編集部員のころ、さっそく家で真似をしたら、本当にカリッとした。料理が面白いと感じた瞬間でした。
基本の鶏の唐揚げ
はじめて唐揚げを作る人は、この配合からはじめてみて。まず、失敗はありません。

◆おむすびを握る手には愛情が満ちあふれてる。
音楽家のシゲミさんより…『見たくれで人目をひくのではなく、そのものの存在で勝負。ありのままの本物志向がこれ。塩むすびは、真実を追求し、妥協を許さない原点』
塩むすび
日本食文化の堂々とした代表格でござります。







特集バックナンバー












特集一覧へのリンク

特集レシピ全紹介


マイレシピ一覧
KATSUYOレシピTOP

ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
コンテンツ提供元 対応機種
お問合わせ


編集:取材協力
(株)小林カツ代キッチンスタジオ

制作・構成協力
(株)本田明子キッチンオフィス

(c)Net Dreamers