KATSUYOレシピ

春和食2015

今年の冬は本当に寒かったですね。 全国的にはすっかり春が来ている所と、ほんのり溶けかけた雪のあいだから、ひょっこり見せる蕗の薹や、若木の新芽がようやくというところもあるのでしょう。町の八百屋さんの店先は春の野菜でパステルカラーに染まっています。
まだ、外は寒い日があっても、そら豆や新玉葱、新キャベツを見ると、確実に温かな春がくるんだなぁ。長いこと、凍えていた木々もこれからは花から新緑にかわる、空気が穏やかに駆け抜ける季節に変わるのです。
春には明るく、落ち着いた、和食がよくあいます。
ほろ苦い野菜や甘い野菜。味付けは薄めに色よく、サッと仕上げるのも春野菜を美味しく食べるコツです。
おすすめレシピ
この季節のそら豆は、まさしく旬の始まりを奏でます。 さやをあけるとふわふわの綿布団につつまれたお豆は、本当に美味しい。

そら豆と卵の炒めもの
旬の卵と合わせて、食べるとホクホクと柔かな、そら豆との組み合わせはまさしく季節の出会いものです。

春の炊き込みごはん
グリーンピースのご飯は昔からこの季節に、日本人に愛されてきた定番の炊き込みご飯。これをえんどう豆ご飯とも言います。
ほろ苦い春の味の菜の花は淡白な帆立とよく合います。そして春と言えば山菜で、ぐっと食卓を日々演出してくれる主食のトリオです。

帆立の春ご飯
菜の花一杯のかおりと帆立のだしが光ります。

えんどう豆ご飯
香りと味がご飯になじんでおいしい

山菜めし
生のふきを炊き込むと、春の香りがいっそう増した山菜めしに。

汁
日々作る味噌汁も好きですが、春満開のおかずの時には、ふわっと出し香る吸い物や醤油味の汁ものは、主張しないので、他の淡いおかずや、ご飯を引き立たせる効果があります。
出来たら、昆布も加えたお出しで、ぐぐっと上等にすると、なににも代えがたい絶品の幸せが待っています。

麩と春雨の吸い物
お吸い物の代表。

ぜんまい・セリ・鶏のおつゆ
セリはどっさり入れるが、おいしさのコツ。

ささ身と蕪の吉野汁
椀だねや汁を、くず引きした汁ものを、吉野汁といいます

おかず
春を告げる魚は鰆(さわら)、春の女王は桜鯛。桜鯛はなかなかお口に入りませんが、この時期、様々な種類の鯛が並びます。
どんな鯛でも美味しく作れるのがシンプルで、そして誰もが懐かしい煮つけ。副菜に春をそえるとぐぐっと献立は華やかになります。お肉にはウドや新人参を巻きで切り口をみせましょうね。

さわらの照り焼き風
鰆。魚偏に春と書くだけあって、春に美味しい魚です。

肉巻き春野菜
季節の彩りと香りを肉で巻き巻き◎

鯛の煮つけ
白身の魚はこの配合がおいしい。

小鉢
二口、三口ほどの和え物を、献立に添えると箸休めにもなりますが、食卓はかなり贅沢になります。
他のおかずがいつも通りでも、あら、なんか違うわねという雰囲気を漂わせますのから、食材に菜の花やこの時期じゃないと手に入らないものなど使うのもおススメです。

菜の花のピーナッツあえ
ほろ苦い菜の花にピーナッツの和え衣がよく合う!

こごみと帆立の酢味噌和え
山の幸と海の幸を組み合わせた上品な小鉢。ピリッと辛子をきかせてね。

にんじんの白和え
ふんわりあえ衣に、にんじんの味と香りがなじんでます。

香の物
二口、三口ほどの和え物を、献立に添えると箸休めにもなりますが、食卓はかなり贅沢になります。
他のおかずがいつも通りでも、あら、なんか違うわねという雰囲気を漂わせますのから、食材に菜の花やこの時期じゃないと手に入らないものなど使うのもおススメです。

かぶのラー油漬け
甘くてみずみずしい、小っちゃなかぶは、柔らかでお漬物にむいているんです。

菜の花の昆布漬け
色鮮やかな菜の花漬けは、いかなる和食献立にもあう

豆腐の味噌漬け
ズバリ豆腐の漬物です


特集バックナンバー












特集一覧へのリンク

特集レシピ全紹介


マイレシピ一覧
KATSUYOレシピTOP

ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
コンテンツ提供元 対応機種
お問合わせ


編集:取材協力
(株)小林カツ代キッチンスタジオ

制作・構成協力
(株)本田明子キッチンオフィス

(c)Net Dreamers