KATSUYOレシピ


真夏のスタミナ料理
メラメラと照りつける太陽、アスファルトの熱気。夏本番、なんて言葉じゃ足りないくらい、サウナの中にいる様な猛暑です。冷たい飲み物や食べ物ばかりでは、体はバテてしまいます。意識して食事と休息、睡眠をしっかりとって、自分や家族の身を守ろう。
焼き肉うどん
元気百倍のおうどんですよ!!
スタミナアイテム1
『豚肉』
豚肉の主なる成分のビタミンB1は、疲れた体を早く回復させて、力をくれる食材です。そこに葱やにんにく、玉葱などアリシンという成分が多い野菜を組み合わせる事で、ビタミンB1の体内への吸収を助けてくれます。又、豚肉は脂の多い部位は、消化の負担になりますので、夏バテ気味の時には脂の少ない赤身やヒレを使ってみて下さい。  
豚肉のハヤシライス
豚肉版ハヤシライスも上等な味
 
ヘレかつ
柔らかさを追求するとんかつなら、これです。
 
豚肉の生姜焼き漬け
肉は焼いても、茹でてもよし。その時のコンディションに合わせてどうぞ。
スタミナアイテム2
『にんにく&ニラ』
スタミナ食材の代名詞ともいえるにんにくやニラ。まず、その香りで食欲を刺激。そう、ビタミンB1の吸収を助けるアリシンという成分です。この香り成分は強い殺菌効果もあるので、成分が沢山出る様に細かく刻んで、薬味にすると夏の食中毒予防に効果的です。  
パワフルメンチカツ
家メンチかつの絶品のこの味!サクッとひと口、ジューシ―で、あっさりした味をどうぞ。
 
蒸し鶏にんにくソース
特製にんにくソースとふっくら柔らかい鶏肉がおいしい。
 
肉味噌ニラうどん
みそだれがあれば、こんなのもすぐに出来る。良く混ぜて食べてね。
スタミナアイテム3
『カラフル夏野菜』
色の元気な野菜は、人にもエネルギーを与えてくれます。なんといってもビタミンは体にも心にも必要なんです。特に旬の野菜は栄養価も抜群。日々、食卓にのせて、少しずつでも食べ続ける事で、体の調子をととのえ、その積み重ねが生活習慣病予防にもつながります。  
葱レバー炒め
どんぶりご飯の上にドカンとのせるとスタミナ丼にもなる。
 
バジルライス
ストックの塩そぼろで、こんなきれいな夏ご飯!食欲が失せがちの季節には元気な見た目も大事です。
 
ゴーヤーと豚肉のサラダ
ゆでたにんにくは香りがマイルド。
スタミナアイテム4
『うなぎ』
うなぎを食べると力がわくのを実感しませんか?ビタミンB1とB2が豊富なうなぎ。体をよく動かす人や子供の成長に欠かせない栄養素のひとつです。最近、口内炎が出来る、何か栄養が足りないのかなぁ。なんて時にもうなぎはおすすめ。  
大人のうなぎ炊き込みご飯
土鍋でじんわり炊く、うなぎめしはこれだけで十分ご馳走です。夏秋版ですよ。
 
うなたま丼
小さめのうなぎでも卵でボリュームアップ!
 
うなとろ丼
スタミナをつけておきたい!そんな時に。
スタミナアイテム5
『いか&たこ』
“いか&たこ”には疲労回復でお馴染みのタウリンという成分が豊富に含まれています。タウリンは肝機能を高めて身体の調子を整える他、生活習慣病の予防、むくみや目の疲れの改善に役立つなど、身体にとっていい事だらけです。  
夏のたこごはん
ホカホカご飯に夏の産物をのせて、柑橘類をキュ〜ッ。たこは塩に限る派の夏めしなり
 
オクラといかのカレー炒め
オクラといかをスパイシーにササッと炒めるだけのスピードメニュー。
 
エスニックたこ飯
香り野菜のトッピング選びも楽しい、元気飯。


特集バックナンバー












特集一覧へのリンク

特集レシピ全紹介


マイレシピ一覧
KATSUYOレシピTOP

ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
コンテンツ提供元 対応機種
お問合わせ


編集:取材協力
(株)小林カツ代キッチンスタジオ

制作・構成協力
(株)本田明子キッチンオフィス

(c)Net Dreamers