KATSUYOレシピ

今年の健康を祈って|七草がゆ

 一月七日の朝食は、七草粥をいただく習慣があります。

もともと宮中では七日に若菜摘みをする風習があり、ここから七草粥が広まったと言われています。平安時代のことです。

春の七草は、セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ。

スズナはかぶ、スズシロは大根のこと・・・と補足すると、すこし身近なものとして感じることと思います。冬の寒さにもめげず、雪の下でも芽をだす、丈夫な菜草。

これらの七草を粥にして食し、“無病息災”を祈ります。

今年の健康を祈って。。。
一月七日は七草粥


七草粥はお正月、食べすぎ飲みすぎでどうも調子がいまひとつの人にも、体を調えるのに実にやさしい朝ご飯となります。大型のスーパーマーケットでは、七草を少しずつ1パックにしたものが300〜400円くらいで売られています。これを使ってもいいですし、手に入りやすい、セリ・スズナ(かぶ)・スズシロ(大根)だけでもいいです。旬の緑の野菜で作ってもいいと思います。

また、お子さんのいるご家庭は、一緒に春の七草を丸暗記するのはどうでしょう。学校の成績には関係ないものかもしれませんが、子供のころ覚えた記憶はめったに消えません。豊かな暮らしを楽しむのに、春の七草おぼえは、なかなか楽しい遊びの一つだと思います。

この後、11日の鏡開きまでお餅がもたないな・・・という人は、七草粥にお餅を入れてしまうのも手ですね。
現代は忙しい人が多いので、朝ご飯でなくても、昼か夜食にでもどうぞ・・・


七草粥
今年の健康を祈りましょう!そして胃袋もいたわりましょうね。

海鮮七草粥
中国粥の七草なら、こんなかな。極旨。

七草スープ粥
ちょっとお正月飲みすぎたという人には、スープ仕立てもおすすめです。

七草にあう。。。
小さな箸休め


お粥に合う小鉢を集めてみました。食べ過ぎた胃にも優しい、箸休めにもおすすめです。


大根のたらこ和え
たらこのプチプチッとした食感が、美味しい♪

春菊の卯の花あえ
春菊のほろ苦さと、卯の花の和え衣が口の中で美味しすぎます。

舞茸の佃煮
干したキノコの濃厚な味わいを、年に一度は楽しみたい

水菜と切り昆布の即席漬け
あっさりした、箸休めになる一夜漬け

菜の花の昆布漬け
色鮮やかな菜の花漬けは、いかなる和食献立にもあう


特集バックナンバー












特集一覧へのリンク

特集レシピ全紹介


マイレシピ一覧
KATSUYOレシピTOP

ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
コンテンツ提供元 対応機種
お問合わせ


編集:取材協力
(株)小林カツ代キッチンスタジオ

制作・構成協力
(株)本田明子キッチンオフィス

(c)Net Dreamers