KATSUYOレシピ


お芋さんの季節ですよ♪
朝夕すっかり涼しくなってまいりました。秋も本格派。冬に雪深くなる地方の人には外でのびのび出来る時季ですね。山形や宮城ではテレビでもおなじみの芋煮会が河原などで盛んに行われるのでしょうか。なにはともあれ、日本全国美味しいお芋さんの種類がいーっぱい。栄養満点の芋たちをしっかり秋に堪能あれ♪

バター栗きんとん
ふうわり薫るバターの匂いとさつま芋が合います。

さつま芋
秋といえば“芋掘り”と頭に浮かぶのは少々古いのかしら。昔とは違い、現代のさつま芋は品種がどんどん増え、かなり上質のものが増えています。地域や年代によっては甘藷、唐芋ともいいます。甘い味が特徴で大きく分けると、ホクホク系とねっとり系の食感に。あなたはどちらがお好きですか?

さつま芋と鶏の煮物
皮ごとのさつま芋がほっくり。お弁当にもいい。

沖縄天ぷら
衣が厚いのがうまい!おやつにもよいよ。

さつま芋ご飯
さつま芋のホクホク、そして、ほのかな甘さが魅力。

じゃが芋
じゃが芋は、簡単に言えば男爵のホクホク系かしっとりのメークインに分けられます。ホクホク系は近頃、男爵の他にインカのめざめ、キタアカリなど市場のでの種類は増えつつあります。そしてちょっと面白い話、じゃが芋のことを馬鈴薯ともいうのは、皆さんご存知かと思いますが、そもそも中国では馬鈴薯のことは、マメ科の“ほど芋”のこと。それをある学者さんが間違えて紹介したことから、そのままこの名前が使われいるそうな。(笑)

白身魚のミルクポテトグラタン
熱々で、口どけのいいグラタンです。寒い冬に召し上がれ

じゃが芋キムチ煮込み
お肉は少なめですが、厚揚げがボリュームも味も演出。白菜キムチは漬かり過ぎの少々、酸っぱいくらいのほうがいい。

じゃが芋の串フライ
おやつにおつまみに!シンプルながら人気の串揚げです。

里芋
水分が多めの里芋は、貯蔵が難しいこともあり、今の時季から冬にかけてが一番美味しい季節です。土付きのまま保存が推奨されているいことも多いですが、この土が曲者で黴臭くなったりすることも多々。食べたいときに買ってきて、まずはいったん軽く土を洗い落としたあと、日陰で乾かしてから紙袋や新聞紙で包むのがベター。そして皮をむくとき、すぐにむけて、手もかゆくなりくいのです。冷蔵庫にはくれぐれも入れませんように。

里芋の煮っころがし
ピッカーと煮た里芋に、ツンとした和辛子を付けて食べるのです

いかと里芋の煮物
この組み合わせは、永遠に白いご飯のおかずです。

芋煮(牛肉)
山形の芋煮は、いろいろありますが、カツ代式の煮方ですよ〜♪

やま芋
やま芋には、長芋や自然薯、いちょう芋、やまと芋、つくね芋など、すりおろすと“とろろ”にして食べる、ヤマノイモ科に属する芋類の総称名です。芋の中でも唯一生でも食べることができ、滋養強壮作用が抜群なのが特徴で薬膳の世界では欠かせないお芋さんの種類です。生と火を通したもの、食感がまるで違うのも楽しんでみて下さい。そうそう、芋の種類によって粘土がすごく違うので“とろろ”にする場合は水か出し汁で良い加減にのばしてくださいね。

とろろ汁
この静かな一椀は、力のでる汁物ですよ。

長芋の即席漬け
シャキシャキ、ネバネバ食材は夏の元気のもとですよ!!

焼山芋胡桃味噌
胡桃の味噌をやいた、ほっくりねっとり山芋の素朴な食べ方です。


特集バックナンバー












特集一覧へのリンク

特集レシピ全紹介


マイレシピ一覧
KATSUYOレシピTOP

ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
コンテンツ提供元 対応機種
お問合わせ


編集:取材協力
(株)小林カツ代キッチンスタジオ

制作・構成協力
(株)本田明子キッチンオフィス

(c)Net Dreamers