KATSUYOレシピ


夏野菜いっぱいのレシピ
八百屋さんの店先はいま、とっても賑やかない色です。
今年は早くから暑い日が多く、例年より梅雨明けも早いせいか、すでにバテ気味の人もたくさんいるようです。
暑さはこれからが本番をむかえます。難しい料理はしなくていいので、おやつ代わりにこまめに夏野菜を食べるようにしてみて下さい。自然の恵みのミネラルとビタミンがあなたの身体を少しサポートしてくれるはずです。

シマばぁばの炒り玉ゴーヤ
ゴーヤーと卵のみのシンプルな素材。毎日たべても飽きない味です!

夏には美味しい食材がたくさん 暑い夏を乗り切れるように、栄養タップリ旬の味を楽しもう!!
なす
なすほど、地域によってさまざまな品種が作られ、味はもとより、形、大きさなどもかなり違います。 しかし、成分はほとんどかわらず、なすの90%が水分。なすの紫紺色はポリフェノールの一種で、アントシアニンといって「がん予防」「血管をきれいにする」「高血圧予防」に効果があるといわれています。
生姜なす
しょうゆと生姜だけで、なすがこんなにもおいしくなるの。

なすとろろ
柔らかでやさしい食感と出しの風味に癒やされる

豚なす青じそ
初夏から晩秋のさわやかな、簡単和えおかず。

きゅうり
成分のほとんどが水分と言っても過言じゃありません。それでも、ビタミンCやカリウムが含まれるので、むくみ予防の効果もあり、夏におすすめの野菜のひとつです。鮮度が命の野菜で、時間が経つごとに水分がなくなるので、買ってきたら早めに食べるた方がおいしいでしょう。 また、気を付けたいのが、ビタミンCを破壊する酵素が含まれていること。酢がその働きを抑えるので、トマトなどと食べる時は、調理では酢を必ず使うようにして食べるように心がけましょう。
きゅうりのポリポリ漬け
この大きさが美味しいんです。上品に切っちゃあいけません

ニッポンのサラダ
日本出身の立派なハーブでほんのり、醤油味のサラダを召し上がれ。

きゅうりとイカの炒めもの
中国料理ではきゅうりは炒めて食べることが多いんです。その美味しさを味わってみて。

かぼちゃ
今スーパーで出回っているかぼちゃは、ほとんどが西洋かぼちゃ。かぼちゃの栄養のすごさは、大拍手もの。 カロテン、カリウム、ビタミンC、B1、B2、E、カルシウム、鉄も含まれています。 「肌や粘膜を丈夫に」してくれますし、「風邪予防」にも効果があるのです。ことに「冷え性」と言われている人には、毎日少しでも食べたいものです。
かぼちゃと油揚げの煮物
こっくり仕上がったかぼちゃは、どこか懐かしい味がする。油揚げがごはんのおかずに美味しい。

ほうとうの様な水団
かぼちゃが入ったすいとんは、どこか懐かしい味噌味がよくあう。

鶏かぼちゃのカレー煮
甘辛しょうゆベースにスパイスの香りが意外によく合います。

ゴーヤー
夏が旬のゴーヤーは、沖縄出身。いまや、日本全国で作られるようになりました。 初めて食べるゴーヤーは、ひえーっと、苦いのですが、一つ二つとたべるうちやめられないという経験の人は多い。疲れた身体に心地よい、疲れがとれるんですよね。
納豆みそゴーヤ
味噌味の納豆と苦瓜の最高のコラボ、塩麹がお手伝い!

ゴーヤーのポン酢漬け
サッとゆでて、チャッと漬けるだけ〜!

ゴーヤーの味噌汁
夏の元気の素は味噌汁で補う


特集バックナンバー












特集一覧へのリンク

特集レシピ全紹介


マイレシピ一覧
KATSUYOレシピTOP

ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
コンテンツ提供元 対応機種
お問合わせ


編集:取材協力
(株)小林カツ代キッチンスタジオ

制作・構成協力
(株)本田明子キッチンオフィス

(c)Net Dreamers