KATSUYOレシピ


変化する昭和の味《後篇》

本格キーマカレー
スパイシーな本格キーマ。一度お試しあれ!

昭和後半はまさに、バブル期です。料理の世界は今まで特別だった海外旅行が普通になり、食べたことのない美味しいものを人々が持ち帰り、その後輸入されるようになりました。家庭でもハーブやスパイスを簡単にとり入れてほしいと、きょうの料理の番組で家庭料理の中で初めて使ったのも、小林カツ代だったと思います。いつもの野菜スープに、バジルの葉っぱを入れるだけでイタリアの香りがするのよ♪と雑誌などでも、積極的に読者や視聴者にと、語ったのがこのころです。昭和後半編はまずはデザートからどうぞ。

バブル期流行った大人のおやつ
OLさんの間では、帝国ホテルのパンケーキにならんだり、リコッタチーズを使ったイタリアのデザート。クレープは喫茶店メニューから歩きながら食べる原宿メニューへと、カジュアルなものに大きく様変わりしました。

クレープ(チョコバナナ)
クレープには欠かせない定番の組み合わせ。

パンケーキ苺ソース
春の幸せ。小粒の苺ならではのお楽しみ。

パンナコッタ
クリーミィーで甘いゼリーには、苦いくらいのカラメルソースがしっくり。

簡単ティラミス
こだわりのカツ代風ティラミス。

パンプキンパイ
食べた味のイメージより作り方は簡単♪

バナナチョコレートパイ
お店では買えないやさしい味。頑張って作ってこそ味わえる。

1989年迄に流行ったレシピ
ハーブやスパイスもふんだんに使われ、フレンチ一色からイタリアからアジアまで、料理の世界は広がりました。国内では沖縄料理が注目された時代

トムヤムスープ
トムヤムクンは辛くて酸っぱくて旨い!世界三大スープの1つです。

イタリアンサラダ
調味料は上からダイナミックにパラパラと。

ビーフサラダ
1枚のステーキを2人で仲良く食べるにはコレ!

ラフティー
箸でスッと切れる、とろけるような煮上がり。
 
インド風チキンカレー
一晩おくと味がなじんでなおうまし!ナンなど好みのパンや温かいご飯でどうぞ。
 
えびのバジル炒め
タイ料理を日本の食卓に食べやすくしました。

時代に生まれたご飯・麺・パン
メインが多様化すれば、麺類、パンも刻々と変わっていきました。

蛸と黒オリーブのショートパスタ
蛸と黒オリーブの組み合わせ。パセリをた〜っぷり使ってビタミンの嵐

ひき肉バジル炒めご飯
アジアの香りいっぱいご飯

スープカレー
野菜のゆたかな香りと、スパイシーな味わい。

生ハムのカナッペ
シンプルイズベスト☆材料にこだわるのも楽しみのひとつです。

汁ビーフン(チキン)
レモンをギュッと絞るとより本格的。

トムヤムヌードル
こんな麺が無性に食べたくなる時ってありませんか?!



特集バックナンバー












特集一覧へのリンク

特集レシピ全紹介


マイレシピ一覧
KATSUYOレシピTOP

ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
コンテンツ提供元 対応機種
お問合わせ


編集:取材協力
(株)小林カツ代キッチンスタジオ

制作・構成協力
(株)本田明子キッチンオフィス

(c)Net Dreamers