KATSUYOレシピ

秋の味覚で☆炊き込みご飯

新米の季節到来!新米が揃う時期は、特に難しいおかずを作らなくても“炊き込みご飯1本勝負”でも、十分ご馳走として成り立ちます。

炊き込みご飯!ここがポイント
美味しく炊き上げるコツ


<伝授1>新米の水加減
<伝授2>調味料のタイミング

お役に立ちます
お手頃な旬な食材を使って


旬の食材を使えばお値段もお手頃。この時期にしか味わえない秋の味覚をふんだんに使った「炊き込みご飯」で秋を満喫しましょう!


甘薯と豚肉のピラフ
豚肉との相性を楽しんで

しめじごはん
シンプルなキノコだけの炊き込みご飯はあらゆる献立にピッタリです。

煮竹の子の炊き込みご飯
ホクッと煮た竹の子を少し大胆に炊いてみる。おかずいらずのご飯もの。

れんこんご飯
ゆっくり炊くと、れんこんのもちもち食感と甘い味が米の中で引き立つんです。

鰹の炊き込みご飯
かつおは翌日まで生で、とっておかない。お刺身やたたきで食べて残ったら、すぐに調味料にどぼっ。

舞茸とごぼうの炊き込みご飯
ごぼうの深みと、舞茸の旨味を新米にたきこんで

根菜温野菜の炊き込みご飯
ストック素材を使って、節約、簡単のダブル使い。ほっこり根菜が美味しい。

牛肉と長芋の炊き込みご飯
ごぼうの深みと、免疫力をあげる長芋と牛肉は最強の組み合わせですよ。

ピンチを救う!
鶏もも&ツナ缶


お得食材や缶詰めを使えば、ピンチの時の心強い味方になります。


洋風カレー炊き込みご飯
鶏もも肉を使って簡単炊き込みご飯。具沢山の炊き込みご飯は、おかずいらず。炊飯器におまかせの楽々メニューです。

ツナの炊き込みご飯
便利なツナ缶を使って、ささっと炊き込みご飯。オイルごと、ポンと炊きこんじゃいます。

ツナ缶のオイルは全部加えると、パラリとピラフの様な炊き上がりに。また、オイルをしっかりときって炊き込むと、和のおかずに合う、あっさり仕立てになりますよ。
さらに、炊き上がったご飯をにんにくとバターで炒めるピラフも美味しいので、いろいろアレンジが楽しめます。


にんじんご飯
色鮮やかな人参の炊き込みご飯にツナ缶をプラス。

今が旬のさつま芋の甘みにベーコンとバターの香りをほんのりプラス。洋風に仕上げた炊き込みご飯。

さつま芋のピラフ
旬のさつま芋を洋風に炊きあげました。お箸で食べてもほっこり美味しい


特集バックナンバー












特集一覧へのリンク

特集レシピ全紹介


マイレシピ一覧
KATSUYOレシピTOP

ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
コンテンツ提供元 対応機種
お問合わせ


編集:取材協力
(株)小林カツ代キッチンスタジオ

制作・構成協力
(株)本田明子キッチンオフィス

(c)Net Dreamers