KATSUYOレシピ

太陽の贈りもの トマトがいっぱい

トマトがくなると医者がくなる】
ヨーロッパで有名なことわざです。今から旬を迎えるトマト!ギラギラ夏の太陽は、トマトをどんどん美味しくしてくれます。おいしいだけではなく、この真っ赤が血液サラサラ、老化防止といった健康にいいことがいっぱい!あなたの食卓にもトマトをのせてみませんか?
 
まるごとトマトを楽しんじゃう
太陽のように、姿かたちを生かして。輪切りも繊維断ち切りだと、トマトらしさを感じることができますよ。

太陽のサラダ
塩、砂糖、酢、オイルをかけていく。キーンと冷やしたトマトが吉
…………………………………………………
ファルシーも断然皮を湯むきした方が美味しいのです。熱湯に1個ずつ入れ、10数えて氷水へ、ツルリン。

とまとのファルシー
こんなの、出てきたら嬉しいですねぇ。懐かしいちょっと贅沢な洋食屋さんのメニュー♪
…………………………………………………
これも皮をツルリンします。ミニトマトは10個位まとめて熱湯にチャポ。3秒で氷水に引きあげる。この作業、意外に楽しい。

ミニトマトのお浸し
ひんやり、だし汁ごと召し上がれ。夏の小さなご馳走。スプーンと添えてね。
…………………………………………………
堂々ステーキですぞ。大きいしっかりしたトマトを見つけたらコレ!比較的強めの火でしっかり、さっと焼く。

トマトのステーキ
野菜だけれど、風貌は主役モデルなり。露地トマトを見つけたら、是非、チャレンジ!

名脇役としてのトマト
トマトは主役こそなっていないけれど、いないとこの料理は成立しない、ドーンと肉おかず。
お口には三者一体ポーンと放り込んで。

牛肉の夏野菜和え
トマトの酸味は爽やかな味を演出。お肉と一緒にたっぷり野菜が食べられます。
…………………………………………………
海鮮とトマトの相性は抜群。美味しいではなく、海鮮の生臭みを美味しさに変えてくれる魔法もあるのね。

たことトマトのシーザースサラダ
ドレッシングの隠し味はアンチョビ!
…………………………………………………
トマトの美味しさが後ひくご飯です。かためのトマト、完熟のトマト、どちらもそれなりの美味しさです。

トマトライス
トマトの赤に染まったご飯が食欲をそそります。
…………………………………………………
すいとんにトマト、これは上海のお母さんの味です。汁仕立てなので、小さいやわらかな、お粥のようなすいとんです。

トマトと卵の中国すいとん
ちょっと疲れているかしら、というときにも、おすすめです

調味料としての役割を担うトマト
これがあればアレンジはいろいろ。不恰好でも完熟トマトを見つけたら、たっぶり作りましょうよ。パスタにスープに、肉や魚のソースに。

トマトソース
フレッシュトマトをたっぷり使った特製トマトソース
…………………………………………………
見ためにはトマトは見えませんが、フレッシュなトマトがいい形でケチャップ親分のホローをしてくれています。

トマトスパゲティナポリタン
懐かしい味。でも、生のマッシュルームとフレッシュトマトいりのスペシャル仕上げ
…………………………………………………
まさしく直球、トマトで肉を煮る。どんなトマトで作ってもそれなりに美味しいけれど、品種銘柄で楽しむのも吉!

フレッシュトマトポーク
材料全部を鍋に仕込んで火にかける。夏のお手軽メニューです。
…………………………………………………
トマトのスープは定番ですが、これは皮ごと一気にすりおろしてつくります。さっぱりした優しい味。

マッシュルームのトマトコンソメ
完熟トマトのなせる業。自然のおいしさがいっぱい。

トマトの旬と選び方
 トマトはハウスを中心に、一年中栽培されています。でも、やっぱり夏の日ざしを浴びたトマトは美味しさと色が違います。この時期、西から梅雨に入っているので、露地ものは、6月は主に北海道、福島、茨城と言った産地が主流となります。

 枝になったまま完熟したものは味も色も良く、ビタミンCの数字も高く、食べたいなぁ?と思いますが、自給自足か近所の畑でわけてもらえるかという人の特権で、たいていの人は店で買いますので、残念ながら、収穫後、店頭で熟したもの。それでも、鮮度を少しでも確かめるのはヘタが瑞々しいかでも判断出来ます。



特集バックナンバー












特集一覧へのリンク

特集レシピ全紹介


マイレシピ一覧
KATSUYOレシピTOP

ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
コンテンツ提供元 対応機種
お問合わせ


編集:取材協力
(株)小林カツ代キッチンスタジオ

制作・構成協力
(株)本田明子キッチンオフィス

(c)Net Dreamers