KATSUYOレシピ

身体の内側から紫外線対策

紫外線を浴びると、皮膚のたんぱく質が変性してシワの原因となったり、体内に活性酸素が発生してシミの原因となったりします。このような紫外線の害から身を守るために有効な食品成分と食材をご紹介します。
それぞれの成分を同時に摂取することで、更に抗酸化力が高まりますので、色々な食品を組み合わせて、紫外線に負けない体を作りましょう!
管理栄養士 加藤智美

カロテノイド(リコピン、β-カロテンなど
抗酸化作用をもつ色素成分で、活性酸素から体や肌を守ります。
≪多く含む食材≫
リコピン:トマト、にんじん、すいか、柿
β-カロテン:にんじん、しそ、さやいんげん、かぼちゃ、赤ピーマン、モロヘイヤ
※カロテノイドは脂溶性なので、油脂と一緒に摂取すると吸収率が高まります。油を使った炒め物やドレッシングなどおすすめです。

人参とピーマンの胡麻和え
味つけは野菜に、胡麻には味はつけない。いつもと逆の胡麻和えです。

しらす丼
美味しそうな“しらす”を見たら、どうしても食べたくなる丼

かぼちゃの薬膳ポタージュ
青紫蘇が隠し味、食べてみてくださいな。じんわり体に効きそうです。

ビタミンE
抗酸化作用をもつ栄養素で、血行をよくする働きもあるので、細胞の老化を防ぎます。
≪多く含む食材≫
うなぎ、モロヘイヤ、かぼちゃ、アーモンド、ピーナッツ

大人のうなぎ炊き込みご飯
土鍋でじんわり炊く、うなぎめしはこれだけで十分ご馳走です。夏秋版ですよ。

空芯菜のガーリック炒め
強火でさっと炒める。これがコツですよ

モロヘイヤ納豆
ずるずる、ネバネバに、すっきり香りのみょうがをトッピング。元気がでますよ。

ビタミンC
抗酸化作用をもつ栄養素で、シミの原因となるメラニン色素の生成や沈着も抑えます。
≪多く含む食材≫
パプリカ、菜の花、ブロッコリー、レモン、キウイフルーツ、いちご、柿

フレッシュ&ボイル野菜のサラダ
生野菜と温野菜のあわせサラダは、甘さとシャキシャキ感の融合が美味

タコとパプリカのマリネ
すぐに食べてもおいしいけれど、冷やせばもっとおいしい!

ブロッコリーのポタージュ
朝食やブランチにもピッタリのスープ。

ビタミンB2
皮膚の回復能力を高める栄養素です。
≪多く含む食材≫
牛乳、納豆、レバー、まいたけ、胚芽精米

レバーのオニオンサラダ
レバーをマリネしておく。臭みを抜いてサラダにするから、レバの美味しさ全開!

レバーのポン酢漬け
苦手なレバーもポン酢につけて、たっぷり葱で食べてみてください。案外好物に変化するかも。

ニラレバ炒め
ビタミンやカルシウムが豊富なニラとは、最強のコンビです。


特集バックナンバー












特集一覧へのリンク

特集レシピ全紹介


マイレシピ一覧
KATSUYOレシピTOP

ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
コンテンツ提供元 対応機種
お問合わせ


編集:取材協力
(株)小林カツ代キッチンスタジオ

制作・構成協力
(株)本田明子キッチンオフィス

(c)Net Dreamers