KATSUYOレシピ


夏バテを薬味でおぎなう一品
あんなに暑かった事を忘れそうなくらい、清々しい日が増えてきました。今年の夏は潔く去っていくのかしら?!なんて期待しつつ、暑さにさらされた体の疲れを少しずつとっていきましょう。

薬味茄子
おいしくてペロリと食べちゃうから、多めに作った方がいいかも。
青じそ
青じその葉にはビタミンAが多く含まれており、緑黄色野菜の中でもトップクラス。爽やかな香りの成分には強い殺菌力があり、刺身に添えたり食あたりを防ぐ効果もあります。薬味にちょこっと数枚…なんて使い方が多いかもしれませんが、揚げ物、炒め物などのおかずにも、ためしにドサッと加えてみて下さい。

茄子の味噌炒め
シンプルな材料だけれど、うまいっ!

夏秋の焼きつくね
人参の甘味と青しその香りが食欲をそそります。

鶏手羽先の香り漬け
ピカッと味のからんだ手羽先に青じそをたっぷり散らして。
みょうが
夏の麺類などの薬味にかかせいないみょうが。
昔の人はたくさん食べると物忘れがひどくなるといいました。この夏の暑さを忘れるのに最適かもしれません。
みょうがは食欲促進の効果があり、消化を促進し、内臓の働きを整えてくれるので、夏バテ防止に効果的な食材です。

薬味ゆでどり
夏の薬味いっぱいで、さっぱり鶏を召し上がれ!

和風じゃあじゃあうどん
ごま油の風味たっぷりの肉味噌に、日本のハーブ、みょうがをたっぷり振りかけて!

豚みょうが
時を忘れてくれるみょうがの香りと味。大人ならでは味わいの一品はいかが?
大根おろし
夏の大根は、すりおろすと辛みが強く、薬味にピッタリ。胃腸の働きを助ける酵素を多く含み、消化を促します。大根に含まれるビタミンCやジアスターゼは加熱に弱いので、大根おろしなら効率よく摂る事が出来ます。大根おろしって、無性にたっぷり食べたくなる時がありませんか?

冷やし鶏おろし和え
暑い季節、冷たくて、栄養たっぷりのおかずは嬉しいごちそうです。

サバ缶のあけるだけ
ツナ缶に引き続き、あけるだけシリーズ第2弾

スタミナかき揚げ蕎麦
長芋は、パワーのつくスタミナ食材です。消化がいいように、大根おろしをたっぷりと添えて。
パクチー
あの独特な香りには、整腸作用があり、ビタミンA、B、Cが豊富に含まれているので、疲労回復を促します。
サラダやスープに入れるのはもちろん、肉の臭みを消す効果もあります。
タイやベトナムなど暑い国で食べられているのも納得です。

エスニック春雨サラダ
異国の香りただよう春雨サラダ。

エスニックチキンライス
エスニック大好きさんは香菜をたっぷりかけて召し上がれ。

トマトと卵の温麺
北京っ子が大好きな夏のあたたかい麺料理!
数種類合わせて、さらに美味しく
疲れや体の不調、ストレスなど、食欲が落ちる原因は色々あります。そんな時は無理に食べずにジッとしている、っていうわけにもいかないのが生活です。元気の素はやっぱり食べる事。薬味の香りや味には食欲を刺激する効果があります。うまく美味しく活用しよう。

お薬味そぼろ丼
初夏から秋にかけてのそぼろは、こんな食べ方もありですよ。実に爽やか!

干物の薬味あえ
残ったたった1枚の干物ですてきな小鉢に変身します

厚揚げの夏みぞれ
夏大根の辛みは、煮るとググッと甘みに変わるんです。薬味と一緒にどうぞ。


特集バックナンバー












特集一覧へのリンク

特集レシピ全紹介


マイレシピ一覧
KATSUYOレシピTOP

ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
コンテンツ提供元 対応機種
お問合わせ


編集:取材協力
(株)小林カツ代キッチンスタジオ

制作・構成協力
(株)本田明子キッチンオフィス

(c)Net Dreamers