KATSUYOレシピ

肌トラブル対策 症状別薬膳レシピ vol.2

先週に引き続き「肌トラブル対策」を特集します。ご自身の肌の症状にあったものを食生活に取り入れてくださいね。

気候・季節など外界の変化をもっとも受けやすい肌ですが、中医学には“肌は内臓の鏡”という言葉があるのをご存知でしょうか。
これは、肌は体の表面の状態だけでなく、体の内臓(五臓:肝・心・脾・肺・腎)の状態を表すという考え方です。つまり、健康な肌は、五臓をきちんと調えバランスよく働かせることから生まれるのです。

体内に栄養を含んだきれいな“血”がサラサラと流れ、十分に満たされた“気”が滞りなく巡り、老廃物がスムーズに体から排出され、適度な“水分”で潤っている状態を保っていれば、美しい肌はおのずと手に入るというわけです。

また、髪や爪についても中医学独特の考え方があります。
“髪は血の余り・腎の華(はな)”といい、髪の状態は腎の機能と血液の状態によるところが大きく、髪を養うためには、腎機能を強化し、血液を補うことが大切です。

爪には、“肝の華(はな)は爪にあり”という言葉があります。
爪は肝の状態をもっともよく表すという意味で、肝を丈夫にし、血行をよくすることで、爪の美しさが保てるという考え方です。
髪も爪も肌の一部、栄養をしっかり与えてあげたいですね。

先週もお話ししましたが、皮膚細胞は通常4週間ごとに新しいものに生まれ変わると言われます。バランスのよい食事で体の新陳代謝を促し、質の高い肌代謝(ターンオーバー)を目指しましょう!
『肌トラブル対策 症状別薬膳レシピ vol.1』もあわせてご覧ください。

肌荒れ・カサカサが気になる方
【症状】
肌がカサカサと荒れている。

【考えられる原因】
ストレスや睡眠不足、不規則な食生活などにより血液や気が不足し、循環が悪くなって、皮膚に栄養が行き届かなくなると、お肌はてきめんに荒れてきます。食欲不振、疲れやすい、風邪をひきやすいなどの症状を伴いやすいので、体のメンテナンスも必要です。

【対策】
補血作用があり血液の質をよくする働きのあるもの、補気作用があり胃腸を整えて丈夫にし消化吸収力を高めるもの、食欲増進作用のある香り野菜、ビタミン類、鉄分、良質な脂分をほどよく摂ることが大切です。

【摂りたい食材】
補血作用や血液の質をよくする作用のある食材: いわし、さんま、レバー、牛肉、かき、ほうれん草、にんじん、きくらげ、ひじき、クコ、なつめ、落花生、干しぶどう、ごまなど。
補気作用や胃腸を整え丈夫にする食材: 米類、いも類、キャベツ、かぼちゃ、干ししいたけ、しょうが、香り野菜(しそ、パセリ、バジル、香菜、春菊)など。

鶏レバーペースト
レバーは、ビタミンAが大変豊富、粘膜を強く、肌を丈夫にしてくれます。鉄分も多く含まれ、薬膳では、肝にはたらき、目を養い、補血作用があると考えられています。レバーはちょっと苦手という方も、ぜひ一度お試しあれ。バケットにひと塗りで大満足、作り甲斐のあるレシピです。

さんまと春菊のパスタ
そろそろ“はしり”として店頭に登場するさんま。脂の乗りがまだ少なめの時期、こんなパスタはいかがでしょう。さんまは、血の巡りや質をよくして皮膚や粘膜を丈夫にします。春菊はビタミンの宝庫、肌荒れにおすすめです。独特の香りには、胃腸のはたらきを高めたり、痰を切る、イライラを鎮める、などの作用も。

しっとり人参ふりかけ
にんじんに多く含まれるβ-カロテンは、肌や粘膜を丈夫に保つ働きのある栄養素。薬膳では、血や潤いを補い、肝に働きかけて疲れをとり、目の不調を改善する食材です。素干しえびはカルシウムがたっぷり。常備しておくだけで、お肌もしっとりしてきそう?!

目の下のくまが気になる方
【症状】
目の下にくまができやすい、とくに寝不足や疲れているときに目立つ。

【考えられる原因】
血の粘度が増し、流れが悪くなることを、中医学では「血お(けつお)」といい、滞った血のことを「お血(おけつ)」と呼びます。お血は“痛む、しこる、黒ずむ”という特徴があり、肩こりや月経血が黒ずんで固まりになったり・・・という症状も出やすくなります。血おの原因はさまざまですが、女性の場合は、冷えや、血液不足により血液の循環が悪くなることや加齢による肝腎機能の低下などが考えられます。

【対策】
血の流れをサラサラにするとともに、血お状態により気も滞りがちになるので、気の巡りをよくし、体内を活性化させます。

【摂りたい食材】
血の流れをよくする食材: あじ、さば、いわし、にしん、まぐろ、かつお、 にら、シナモン、なす、チンゲン菜など。
気の流れをよくする食材: サフラン、オレンジ、ジャスミン、たまねぎ、らっきょう、かぼす、そば、酢など。


豚と甘薯の秘密生姜煮込み
鮮やかな黄色のスープは、サフランとマーマレードの色。サフランは、アヤメ科の植物のめしべを乾燥させたもので、生薬としては番紅花と呼ばれ、気血の巡りをよくする作用があります。柑橘類は気の巡りをよくし、生姜とともに胃の働きを高めます。“秘密の味”でくまを撃退?!

サバのカレー蒸し煮
これから脂がのり、うま味成分も増加するサバ。血液サラサラ、血管をしなやかにする成分が豊富に含まれるほか、肺や胃の弱まりを助ける作用も。野菜をたっぷり加えて、夏バテ気味の体を元気にしましょう。カレー粉がより効果を上げてくれます。

ニラの落花生和え
独特の辛味と香りを持つニラは、内臓を温め、腎にはたらいて強壮作用をもつほか、血液の巡りをよくする作用があるため、血行不良による肩コリやしみ、くまにも効果が期待できます。温性なので、冷えやすい方にはとくにおすすめです。

髪のトラブルにお悩みの方
【症状】
髪にコシがなくてパサついている。切れ毛、抜け毛が多い、白髪が増えた。

【考えられる原因】
中医学では髪は「腎の華(はな)、血の余り」と言われ、髪の状態は腎の機能や血液の状態を表すと考えられています。
腎とは精をつかさどり、先天的にもって生まれた生命力の源。腎の働きが弱まると、老化やホルモンの減少を引き起こし、それに伴う髪のトラブルも発生しやすくなります。
腎の強さにはもともと個人差があるため、西洋医学でいう、薄毛や白髪は遺伝的要素が強いという考え方とも一致するところがあるのですが、どうぞあきらめずに、腎を養い、強化する食物を摂って髪の養生を心がけましょう。

【対策】
切れ毛やパサつきがちな髪は、血液中の栄養分が不足しているときにあらわれやすいので、髪に充分な栄養を与えてあげることが大切です。髪の主成分はケラチンというたんぱく質なので、良質なタンパク質(肉、魚、大豆製品、乳製品など)のほか、ビタミン類、ミネラル類もバランスよく供給してあげましょう。髪はこれらの栄養素を毛根の周囲の毛細血管から吸収し、細胞分裂を繰り返して成長します。

【摂りたい食材】
腎を養う食材: 黒豆、黒ごま、くるみ、栗、かつお、山芋、うなぎ、海藻、えび、かき、卵など。


黒チキンのピタパンサンド
鶏むね肉を黒ごまで和えた“黒チキン”!黒ごまは、薬膳では古くから肝や腎を養って血液を補い、皮膚や腸を潤すとされ、白髪予防や老化防止に役立つ秘薬として重用されてきました。現在、ごまには血中コレステロールを下げる不飽和脂肪酸や肝機能強化、抗酸化作用をもつセサミンなどが豊富に含まれていることがわかり、改めてそのパワーが見直されています。

黒いチーズリゾット
黒の正体は黒ごま。ごまは小さな粒の中に、良質なたんぱく質、ビタミンE、食物繊維、カルシウム、鉄分など、体に必要な成分がギュッと凝縮されています。薬膳では、白ごまは肺に、黒胡麻は肝や腎への作用があるとされ、髪のトラブルには、髪をつかさどる腎に働きかける黒ごまを摂ることをすすめます。血液を補い、肌荒れ予防によいほうれん草、カルシウム豊富なチーズを使った、老化防止・美髪効果の期待できるリゾットです。

豚昆布めし
昆布は各種ビタミン、ミネラル、食物繊維の宝庫。ヨウ素の含有量は海藻の中でもNo.1。体内の代謝を活発にしてくれるので、肌や髪の健康維持にも適量摂るのがおすすめです。にんじん、豚肉、干し椎茸と一緒に炊いた、栄養たっぷり、バランスのよいご飯です。

爪のトラブルにお悩みの方
【症状】
爪がもろい、色つやが悪い、中心部分がへこむ、横スジができるなど。
 
【考えられる原因】
お肌とともに、爪も年々老化し、衰えがみられるようになります。体調がそのまま爪に表れ、内臓の状態がよくないと、横にスジができたり、鉄が不足すると真ん中がへこんだりします。爪の色には内臓疾患の兆候があらわれると言われますので、日頃のチェックも大切です。中医学では「肝の華は爪にあり」といわれ、とくに肝の状態を反映すると考えられています。

【対策】
肝を強化し、補血作用のある食材を摂りましょう。爪の主成分も髪と同じくケラチンというタンパク質なので、良質なタンパク質、ビタミン類、ミネラル類を摂ることも大切です。マニュキアを塗らなくてもツヤがあり、透明感と弾力のある、丈夫な爪をめざしましょう!

【摂りたい食材】
肝を強化する作用のある食材: タコ、イカ、あさり、しじみ、かき、赤身の肉、レバー、クコ、うなぎ、ごま、桜えび、昆布など。
補血作用・血の質をよくする作用のある食材: レバー、かき、赤身の肉・魚、ごま、落花生、ほうれん草、きくらげ、ひじきなど。


蛸とあさりのアクアパッツァ
たこは、薬膳では肝に働きかけ、気血を補って体や皮膚を潤す作用があると考えられています。タンパク質が豊富で低カロリー、ほんのり甘みを感じるうま味成分タウリンは、肝機能強化、血中コレステロールを下げる働きも。貧血予防効果が期待できるあさりとビタミンたっぷりの野菜を加え、ワインで煮込んだスープが美味しい!

きくらげと卵の炒め物
卵は良質のたんぱく質を含む完全栄養食品。肌を乾燥から守ってくれます。黒きくらげは、広葉樹の枯れ木に寄生するきのこの一種。食物繊維や鉄分、カルシウム、亜鉛などミネラルが豊富、便通をよくするほか、薬膳では出血を抑えたり、血液に栄養を与える作用があると言われる、頼もしい美肌(髪・爪)食材。時にはたっぷり食べましょう。

ごまかぼちゃ
かぼちゃは、気を補い、胃腸の機能を高める働きがあり、β-カロテンやビタミンEが豊富、老化防止、美容のために必要な栄養素がぎゅっとつまった緑黄色野菜です。小さな粒に驚きのパワーを秘めたごまをたっぷりつけて。女子のおやつにもおすすめです。
チームKATSUYO 国際薬膳師:吉開有紀

特集バックナンバー












特集一覧へのリンク

特集レシピ全紹介


マイレシピ一覧
KATSUYOレシピTOP

ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
コンテンツ提供元 対応機種
お問合わせ


編集:取材協力
(株)小林カツ代キッチンスタジオ

制作・構成協力
(株)本田明子キッチンオフィス

(c)Net Dreamers