KATSUYOレシピ

夏に向けてお腹の調子を整えよう

湿気と気温がぐんぐん上がってジトジトムシムシ。不快指数は極限状態。
クーラーが効いた屋内で“あら涼しい”とほっとひと息ついたまではよかったけれど、今度はキンキンに冷えた体で再び蒸し暑い外へ…。この季節、体は湿度と温度の変化に必死で対応しています。

温度の変化が激しいと体のリズムが崩れやすくなり、外界の湿気が体に侵入し、体内に湿が溜まると、消化器官の機能を低下させ、その症状は胃腸にもっとも現れます。疲れやすい、体がだるい、食欲が出ない、お腹の調子がどうもよくない…、こんな声が1年のうち一番多く聞かれるのは、夏本番前の梅雨の季節です。

今回は、少し弱り気味のお腹の調子を3つに分け、その状態に合わせたおすすめのレシピを考えてみました。

今お腹を調えることは、真夏の暑さに負けない体づくりの基礎準備。夏が旬の食材は、水分が豊富で体の熱を冷ましてくれるものがいっぱい。そんな食べ物を美味しくいただくためにも、つよーいお腹をつくっておきましょう。胃腸は健康の要ですからね。ただし、良いものだからといって、なんでも食べすぎは逆効果ですから、あくまでも程よい量ですよ!

この季節は食あたりや食中毒も起きやすいので要注意。下痢症状が強いときにはお医者さまにちゃんと診てもらってくださいね。
薬膳監修&コラム よしかい ゆき

お腹に力が入らない、調子がおかしいな…と感じるとき

温度の変化が激しくてお腹を弱めた方、とくに、もともと冷え症体質の人は気をつけて!お腹に力が入らない、お腹が冷んやりしている、便が少しゆるめかな、と感じるときは、生姜、ねぎ、青じそ、みょうが、にら、鶏肉、あじなど、体をあたためて血行をよくし、食欲を増進させる食材を、消化のよいものに上手に取り入れてお腹をいたわってあげましょう。

それとは反対にもともと暑がり体質の人が食べ過ぎや飲みすぎでお腹がゴロゴロ、調子がおかしいという場合は、すでに熱と湿気が体内に相当溜まっていることも考えられます。そんなときには体の余分な水分や熱を取り除いてくれる食材、たとえば、冬瓜、白身魚、湯葉、はと麦、あずきなどを食べやすく調理して取り入れてみるのもいいですよ。

ふだんの生活環境と自分の体の状態をじっくり見つめて、今日食べるものはコレ!と自然に決められたらいいですね。


鶏の梅じそ焼き
梅干しは強い殺菌力で食あたり防止、胃腸のはたらきを高め、疲労回復、食欲増進効果あり。青じそは防腐作用、お腹の冷えや痛みをやらわげる効果があると言われます。

ニラ粥
β-カロテンが豊富で体を中から温めてくれるニラをごま油でさっと炒めたことろにお米を投入。ニラの美味さ再発見!疲労回復、夏バテ防止にもぴったり。ぜひ一度お試しあれ。

湯葉と白身魚の温麺
すずきはたんぱく質、ビタミンが豊富で胃や腎の機能を高め、むくみや足腰のだるさを取り除く働きがあると言われます。湯葉は大豆イソフラボンが豊富、お腹の機能を調えてくれます。

冬瓜の酢の物
酢は食欲をアップさせてくれるだけでなく、血流をよくする働きがあります。体に熱と湿がこもっているな、と感じる時におすすめ。ほんのり青さが香る小鉢です。

食欲がない、胸がつかえているなぁ…と感じるとき

腸の調子が悪いわけではないけれど、食べたいという気持ちが起きない、胃もたれする、胸やけがする、げっぷやため息がでる、ということはありませんか?

食事時間になっても空腹感がないのは胃が動いていない証拠。やがて消化不良を起こす可能性もあります。食欲不振はダイエットになるからいいわ…などと放っておくとエネルギーが不足してしまいます。
こんなときには、消化を促進してくれる食材を、ツルンと食べやすく調理したり、薬味や香辛料、酢を適度に使うなどして食欲を増進させ、元気なお腹にもどしてあげましょう!消化を促進させてくれる食材は、例えば、大根、かぶ、おくら、梅干し

食べた後に不快感がある、胸やけがする、げっぷが多いという場合は、消化機能に加え、気のめぐりが悪くなっていることが考えられるので、気のめぐりを促進させるものを加えてみたらいかがでしょう。気のめぐりをよくする食材は、らっきょう、たまねぎ、そば、グリーンピース、ゆず・かぼすなどのかんきつ類、ジャスミン、オレンジなどがおすすめです。


薬味おろし餅
大根は生で食べると消化促進の効果がより強まります。弱っているお腹のはたらきを高めるお餅をやわらかく茹で、大根おろしと薬味をどっさりのせて。ねぎ、しょうがなど夏の薬味は発汗作用を促し、体を温め、食欲を増進させてくれます。

大根の梅煮
大根は気の巡りをととのえ、消化を促進、胃の不快感をやわらげ、梅干しはお腹を調えるはたらきがあります。弱り気味のお腹は、少しずつ無理をせずに調えていくことも大切です。

そばすいとん
そばは優れたたんぱく源であるだけでなく、胃の気の流れを調え、食欲不振、胃もたれを回復、排便促進作用があります。なめこ、オクラのぬめり成分ムチンにも消化器の粘膜を保護する作用があるので、お腹を調えるには最強の組み合わせ。スダチなどの柑橘類も添えて気の巡りをよくしてあげて。

らっきょう水餃子
らっきょうは気のめぐりを促進し、胸のつかえや膨満感をやわらげるはたらきのほか、辛味成分がビタミンB1の吸収を高めるので豚肉との相性もバッチリ、疲労回復効果が期待できます。グリーンピースは弱っているお腹のはたらきを高め、余分な湿を取り除く作用があります。

最近疲れやすい、ひとふんばりが出来ないなぁ…と感じるとき

気温と湿気が高まるこの季節はただでさえ体に相当負担がかかっています。食欲も普通にあるし、お腹の調子もそこそこだけれど、最近どうも疲れやすい、スタミナが不足しているなぁ、あとひとふんばりができない…と感じるのも無理はありません。

さぁ、そんなときは、疲労回復、免疫力向上、お腹を養ってくれる食べ物を積極的に意識して取り入れましょう。おすすめの食材は、 山いも、とうもろこし、すずき、かつお、いわし、鶏肉、牛肉、うなぎ、はと麦、いんげん豆、かぼちゃ、じゃがいも、 カリフラワー、ブロッコリー、キャベツ、しいたけ、はちみつ、にんにくなどです。


かぼちゃ入り炊き込みパエリア
かぼちゃはβ-カロチン、ビタミン類、食物繊維が豊富。きれいになるための要素がすべてつまった宝箱のような野菜。さらに、お腹を温め、弱っている機能を元気にしてくれる作用もあるとなれば、それは積極的に食べずにはいられません。

長芋と鶏のくず煮
長芋は消化酵素が豊富で、疲労回復、体力増強にも効果があります。体を温め、お腹を元気にしてくれる鶏肉と組み合わせました。

ロールキャベツみたい!
キャベツは美肌に欠かせぬビタミンCと、胃壁を保護するビタミンU(キャベジン)が豊富。ふんばりのきかないお腹に気を補って元気にしてくれます。

とうもろこしと野菜の煮込み
とうもろこしは栄養をたっぷり含み、胃腸の働きを調え、水分代謝をよくしてくれます。いんげんと豆類にも同じような働きがあり、とくにいんげんはβ-カロテンも豊富で美肌づくりにひと役買ってくれそうです。疲労回復、夏バテ防止に文句なしのひと皿になりました。


特集バックナンバー












特集一覧へのリンク

特集レシピ全紹介


マイレシピ一覧
KATSUYOレシピTOP

ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
コンテンツ提供元 対応機種
お問合わせ


編集:取材協力
(株)小林カツ代キッチンスタジオ

制作・構成協力
(株)本田明子キッチンオフィス

(c)Net Dreamers