KATSUYOレシピ

受験生応援!疲れを取る薬膳夜食

夜食。作るとき、食べるとき、付きまといがちなのが“こんな遅い時間に食べていいのかしら・・・”という罪悪感にも似た不安。

そんな気持ちで食べる夜食の何と味気ないことか。

仕事で帰宅が遅い、子どもの塾が終わるのも9時過ぎ、受験生がいる・・・どうしたって遅いご飯(=夜食)が必要です。

そこで今回は、夜食を美味しく、楽しく食べるため薬膳の要素を取り入れた薬膳夜食を作ってみました。

“夜食こそ、体を調えるチャンス!”と切り替えてみてはいかがでしょう。

“陰陽”という言葉を聞いたことがあるでしょうか。中医学では、万物は陰陽のバランスで成り立という考えで、例えば昼と夜、昼は陽に属し、夜は陰に属します。

夜食の時間は、ちょうどこの昼(陽)から夜(陰)へ変わる時間。体も心も、活発な昼モードから、静かな夜モードへ上手に移行させてあげることが大切です。

スムースな移行のために、薬膳夜食には“ゆる〜い掟”が5つほど。


【薬膳夜食・冬編】
“ゆる〜い5つの掟”

1. 一日の疲れをほぐす。

2. 体の中からじんわり温める。

3. 今日足りない(とくに野菜)ものを補う。

4. ほどよい満腹感があり、胃に負担はかからない。

5. 安らかな睡眠を助ける。

※掟は季節によって変わります

頭の片隅で少しだけ意識して、作って食べる。これぞ薬膳夜食の醍醐味です。

では、楽しい夜食時間をお過ごしください。



一日の疲れをとる

その日の疲れはその日のうちにとってしまいたいですね。

胃にやさしく、食べ終わったあと、疲れがゆっくりほぐれていくようなレシピ4品です。


白身魚と山芋のお粥
中国ではよく食べられているお粥。胃腸の機能を高め、スタミナのボトムアップが期待できます。

中華風大根餅
消化を助け、胃腸の働きを調える大根をこんがり蒸し焼きに。簡単なのに本格的な味。

養生南瓜粥
ピーナツ、くるみ、松の実、栗・・・栄養がギュッとつまった種子類と、抵抗力アップに最適のかぼちゃで炊いた最強お粥。

海老ワンタン
肝や腎の機能を高めるといわれるえび、体に潤いを与え、疲労回復効果の高い豚肉、少し贅沢な具でシンプルに。生姜、長ねぎで体温め効果もしっかり。


寒い夜、体に沁みる薬膳スープ

寒い夜、温かいスープは体にじんわり沁みますね。

冬の夜食にぴったりの薬膳スープ4種です。


鶏肉の養生スープ
体が弱り気味だな、と感じる夜は、まずこのスープ。鶏肉と野菜の滋味を体のすみずみに届けます。風邪予防にも。

牛ひき卵スープ
気・血を補強し、疲労回復を助けてくれる牛肉。そのパワーは、ひき肉でこれだけ美味しいスープが出ることで証明。

葱鶏大根餅スープ
胃腸の消化促進を助ける大根がたっぷり。鶏肉と少し多めの長ねぎで体が温まります。

餅入りオニオンスープ
玉ねぎは、体を温め、胃のはたらきを調和し、消化を促進。独特の辛味と香り成分に神経を落ち着かせるはたらきもあり、夜食にはもってこい。


足りない野菜を今日中に補う

今日はあまり野菜を摂れなかったなぁ・・・なんていう日こそ、夜食で補うチャンスです。


ナムル焼き飯
ほうれん草、ニンジン、もやし、ぜんまい・・・ナムルは粘膜の保護、美肌、便通の改善を助ける賢い野菜の集まりです!

カレーほうとう
お腹を元気にするかぼちゃ、食物繊維の多いきのこ、体を潤す白菜、カレー粉は体を温め、内臓代謝をよくするスパイスの宝庫。

クスクス・ホットトマト
トマトの水煮缶を利用。タバスコをピリッときかせることで、体が温まり、代謝を促します。

青菜そぼろ
小松菜は冬の間にたくさん食べておきたい菜っぱ。体を乾燥から守り、冬かぜ予防には欠かせません。


お腹ペコペコ夜薬膳

一日たっぷり動いたあとはお腹もペコペコ、夜食に手間をかける余力なし。

そんなときにおすすめの、作り方はいたって簡単、満足感は十分、の夜食4品です。


豆乳リゾット
薬膳では、豆乳は肌を潤し、疲労回復や便秘解消に役立つといわれます。このリゾットは女性の味方。

ビーフン・ミンチボール
体の乾燥、疲れを感じるときに食べてみて。消化を助けるかぶの甘味もバツグンです。かぶの葉は立派な緑黄色野菜、使ってください。

山芋のオムレット
体に元気が欲しい!ときにありがたい山芋。粘膜保護、消化促進のはたらきもあり。

大根と鶏肉の韓国風スープ飯
鶏肉、にら、しょうが、にんにく・・・体を温め、疲労回復に役立つ素材満載。体の余分な熱を冷ます大根でバランスもとりましょう。


心地よい眠りにつく

食事時間が遅いと、睡眠中も胃腸が消化に働くため、休息を妨げる、と言われます。

ならば眠りを助けてくれる食材を上手に摂りいれ、ほどよくお腹を満たしましょう。

牛乳・チーズなどの乳製品、貝類、ナッツ類、青魚、小魚、卵、海藻類、豆類、鎮静作用のある香り野菜(クレソン、セロリ、パセリ、春菊、三つ葉、玉ねぎなど)がおすすめです。


ガレット・チーズベジタ
そば粉の豊富な栄養を残さずいただけるのが嬉しいガレット。眠りを助ける素材がたっぷり、消化もよいです!

ミルクじゃが芋
体を潤し、胃の働きを調える牛乳とほたて、じゃがいもはお腹をやさしく満たします。

春菊蕎麦
胃腸の働きを高め、気持ちをリラックスさせるほか、肺を清め、痰を切る作用のある春菊。じゃこと一緒に食べてイライラを解消。

ミルクココット
薬膳では古くから、卵は体を潤し、精神をリラックスさせるなど、大変効能の多い食べ物。現代は、“完全栄養食品”と言われますね。


夜のおやつは体にやさしく

夜遅いおやつ・・・“いけない、いけない”と思って食べるのは、心にも体によくないです。

甘味は、五味(酸味・苦味・甘味・辛味・塩味)のなかでも、体の弱りを補うと言われます。体にやさしい素材でつくったおやつをおいしくいただきましょう。


黒胡麻ラスク
体を乾燥から守り、気・血を補うペーストは、アンチエイジングにもぴったり。

フライパン焼きりんご
りんごは余分な体の熱を冷まし、通便を促します。バターで香ばしく焼いて、シナモンをパッとふりましょう。疲れも飛びます。

ごましるこ
肝・腎を補い、血を養い、体を乾燥から守ると言われる黒ごま。薬膳では古くから、老化防止の代表食材です。

ミルクくずもち
遅い時間は、モチモチっで柔らかな食感が嬉しいですね。消化もよく、バランスもよいおやつです。


特集バックナンバー












特集一覧へのリンク

特集レシピ全紹介


マイレシピ一覧
KATSUYOレシピTOP

ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
コンテンツ提供元 対応機種
お問合わせ


編集:取材協力
(株)小林カツ代キッチンスタジオ

制作・構成協力
(株)本田明子キッチンオフィス

(c)Net Dreamers