KATSUYOレシピ

あったかほっこりおかゆレシピ

暦の上では立春が過ぎたとはいえ、まだまだ寒い日が続いていますね。あたたかいものが食べたい!そんな時には、おかゆがおススメ。“風邪をひいたときに食べるもの”というイメージが強いですが、そんなことはありません。水分を多く含んだお米は消化にも良く、一口食べればほっこり♪おかゆは食べるとお腹から温まり、すぐに満腹感も得られます。夜食にも、昨日は飲みすぎちゃって食欲がないなぁなんて朝にもどうぞ。
冷やごはんから作るおかゆよりも、お米から作る方が味も香りもグーンとアップ!大阪や京都のおばちゃんたちの間では、おかゆのことを“おかいさん”と呼ぶそうですよ。

覚えておきたい
基本のおかゆの作り方

火加減と水加減に気をつけながら、全粥から三分粥までしっかりマスターしましょう。土鍋で炊くのがおススメです。

お粥
基本を抑えたら、あとはあなたのアレンジ次第♪

食べてあったか
おかゆでパワーチャージ!

風邪をひきそうな時やちょっと元気がない時に食べてほしいおかゆです。

すりおろし粥
体が冷え切った夜には、すりおろしたれんこん入りのおかゆはいかが?れんこんには風邪予防や疲労回復、肌荒れ改善などうれしい効果がたくさん。縁起の良い食材だから風邪をひけない受験生にもピッタリ♪

豆腐粥
見ているだけで食欲が湧いてくるおかゆです♪あたたかい豆腐を少しずつ崩しながら、ピリ辛ねぎじょうゆと混ぜて召し上がれ。クコの実は疲れ目に効果あり。

鶏と生姜のお粥
鶏ささみを使うからとってもヘルシー!お米と一緒に煮込むことで手間いらずなおかゆは、生姜の効果もあって体の芯からじんわりあたたかくなること間違いなし。

タイ風粥
レモンの効果で食欲増進!香菜好きは、たっぷり上に乗せてナンプラーを一振りすれば気分はもうエスニック♪タイでは朝から食べるお粥が定番なんだとか。

空豆粥
見た目もかわいいホクホクな空豆と桜のおかゆで春スイッチをオン。桜の便りが待ち遠しいね♪

絶品!
こだわりスープのおかゆ

鶏がらや手羽先を使って濃厚なコクをじっくりと抽出しましょう。だしがらになった手羽先はおいしくアレンジできるから一石二鳥!

自家製塩卵のスープ粥
アツアツのチキンスープが染み込んだおかゆに、旨味をぎゅーっと閉じ込めた塩卵がよく合います。塩卵は作り方がとっても簡単だから新鮮卵が手に入ったら自家製にトライ。

きのこのスープ粥
舞茸好き必見!白舞茸は色が出ないから綺麗なスープを作りたいときにおススメ。シャキシャキ食感を楽しむなら煮込みすぎに注意。濃厚な味と香りを楽しんで♪

中国粥
本場の味を楽しみたいあなたに。チキンスープはインスタントではなく鶏から作った本格派な中華粥。優しい味わいが心にもしみるおかゆは、トッピングにもこだわりたくなる一品です。

食べてほっこり♪
アレンジおかゆ

デザート感覚で食べられる一風変わったおかゆはいかが?

韓国風かぼちゃ粥
見た目鮮やかなかぼちゃのお粥は、黒胡麻の香ばしさとお粥の甘みがとっても美味。余ったお粥はペースト状にして砂糖の甘さをプラスすれば、立派なデザートへ変身!パラリと乗せた松の実は便秘にも効果的♪

甘い小豆粥
砂糖のシャリシャリ、小豆のつぶつぶ、おかゆのまったり感を楽しむ新食感なお粥の完成♪砂糖は食べる直前に振りかけるのがポイント。


特集バックナンバー












特集一覧へのリンク

特集レシピ全紹介


マイレシピ一覧
KATSUYOレシピTOP

ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
コンテンツ提供元 対応機種
お問合わせ


編集:取材協力
(株)小林カツ代キッチンスタジオ

制作・構成協力
(株)本田明子キッチンオフィス

(c)Net Dreamers